フォード、新型「エクスプローラー」を発表

2011.05.24 自動車ニュース
「フォード・エクスプローラー リミテッド」
フォード、新型「エクスプローラー」を発表

フォード、新型「エクスプローラー」を発表

フォード・ジャパン・リミテッドは2011年5月24日、新型「エクスプローラー」を発表し、同日受注を開始した。デリバリー開始は2011年9月頃を予定している。

新開発3.5リッターV6エンジンの最高出力は、従来の4.6リッターV8モデル(296ps)と同等の294psを発生する。
新開発3.5リッターV6エンジンの最高出力は、従来の4.6リッターV8モデル(296ps)と同等の294psを発生する。

フォード、新型「エクスプローラー」を発表の画像
フォード、新型「エクスプローラー」を発表の画像

■デザインからエンジンまで一新

外観が一新された新型は、ボディ構造も大きく見直されている。これまで「エクスプローラー」にはピックアップトラックと同じラダーフレーム構造が採用されてきたが、FF乗用車ベースのモノコックに変更され、あわせてエンジンの搭載方向も縦置きから横置きに改められた。

これにともない、エンジンラインナップやドライブトレインも見直されている。エンジンは従来存在したV8が廃止され、3.5リッターV6(294ps、35.2kgm)のみの設定となった。Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)やADFSO(減速時燃料遮断機構)といった技術が採用されたおかげで燃費性能が改善されており、従来の4リッターV6と比較して20%の改善に相当する7.6km/リッター(10・15モード)を達成した。

ドライブトレインは、走行路ごとに最適な4WD設定を選べる電子制御システム「テレインマネージメントシステム」を備えたオンデマンド式に変更された。通常時の平坦路では、駆動力がほぼ100%前輪に配分される一方、前輪のトラクションが得られない環境下では後輪に100%分配することができる。

サスペンションは従来が前後ショート&ロングアーム式だったのに対し、新型では前マクファーソンストラット、後マルチリンクへ。トランスミッションは「セレクトシフト」付きの6段ATとなり、セレクターノブの横に位置する「サムスイッチ」でマニュアルシフトが可能だ。

「フォード・エクスプローラー XLT」
「フォード・エクスプローラー XLT」
ステアリングスイッチは、左側で平均燃費などの走行情報、右側でオーディオ、空調などの操作を行う。それぞれの情報は、メータークラスター左右のディスプレイに表示される。
ステアリングスイッチは、左側で平均燃費などの走行情報、右側でオーディオ、空調などの操作を行う。それぞれの情報は、メータークラスター左右のディスプレイに表示される。
インテリアは、「リミテッド」(写真)が本革のチャコールブラック、「XLT」はクロス地のライトストーンとなる。
インテリアは、「リミテッド」(写真)が本革のチャコールブラック、「XLT」はクロス地のライトストーンとなる。

■「MyFord Touch」を搭載

話を再びボディに戻すと、ボディサイズは全長5020mm×全幅2000mm×全高1805mmと、従来型よりひとまわり大きくなっている。「フォード・エッジ」(日本未導入)と足並みをそろえた、フォードの新世代SUVのエクステリアデザインが採用されている。外観同様、内装も一新されている。素材にもこだわり、ヨーロッパのプレミアムSUVをベンチマークにしているという。シートは3列配置で、乗車定員は7名とされる。

装備面での見どころは、エアコン、オーディオ、携帯電話のハンズフリー通話など、車内のさまざまな装備や情報を一元化して操作できる「MyFord Touch(マイ・フォード・タッチ)」が搭載されたことだろう。タッチパネルのほか、ステアリングスイッチや音声でも操作することができる。
一方、安全面では、オーバースピードでコーナーに進入したときにエンジン出力制御とABSを併用して車両の安定化を図る「カーブコントロール」が新たに採用された。

グレードは「XLT」と「リミテッド」の2種類。パワートレインや安全装備は共通で、上級のリミテッドには本革シート、デュアルパネルサンルーフ、パワーリフトリアゲートなどが標準装備となるほか、3列目シートにパワーフォールディング機能が付く。価格はXLTが440万円で、リミテッドが530万円。左ハンドルのみの設定となる。

発表会場でティム・タッカー社長は「今年の秋に導入するエクスプローラーをはじめ、2012年までに大幅なモデルチェンジを含めて6車種の新商品を日本市場に投入する」と述べた。また2011年末から2012年の初頭にかけて、経済性に優れた2リッター直4の「エコブーストエンジン」を追加する予定であることも明らかにした。

(webCG 竹下)

フォード・ジャパン・リミテッド代表取締役社長兼CEOのティム・タッカー氏。
フォード、新型「エクスプローラー」を発表

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.4 試乗記 2015年10月の大幅改良により、新デザインのフロントマスクと2.3リッターターボエンジンが採用された「フォード・エクスプローラー」。0.3リッターの排気量アップが走りにもたらした変化確かめながら、あらためてエクスプローラーというクルマが持つ魅力に触れた。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る