フォード、新型「エクスプローラー」を発表

2011.05.24 自動車ニュース
「フォード・エクスプローラー リミテッド」
フォード、新型「エクスプローラー」を発表

フォード、新型「エクスプローラー」を発表

フォード・ジャパン・リミテッドは2011年5月24日、新型「エクスプローラー」を発表し、同日受注を開始した。デリバリー開始は2011年9月頃を予定している。

新開発3.5リッターV6エンジンの最高出力は、従来の4.6リッターV8モデル(296ps)と同等の294psを発生する。
新開発3.5リッターV6エンジンの最高出力は、従来の4.6リッターV8モデル(296ps)と同等の294psを発生する。

フォード、新型「エクスプローラー」を発表の画像
フォード、新型「エクスプローラー」を発表の画像

■デザインからエンジンまで一新

外観が一新された新型は、ボディ構造も大きく見直されている。これまで「エクスプローラー」にはピックアップトラックと同じラダーフレーム構造が採用されてきたが、FF乗用車ベースのモノコックに変更され、あわせてエンジンの搭載方向も縦置きから横置きに改められた。

これにともない、エンジンラインナップやドライブトレインも見直されている。エンジンは従来存在したV8が廃止され、3.5リッターV6(294ps、35.2kgm)のみの設定となった。Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)やADFSO(減速時燃料遮断機構)といった技術が採用されたおかげで燃費性能が改善されており、従来の4リッターV6と比較して20%の改善に相当する7.6km/リッター(10・15モード)を達成した。

ドライブトレインは、走行路ごとに最適な4WD設定を選べる電子制御システム「テレインマネージメントシステム」を備えたオンデマンド式に変更された。通常時の平坦路では、駆動力がほぼ100%前輪に配分される一方、前輪のトラクションが得られない環境下では後輪に100%分配することができる。

サスペンションは従来が前後ショート&ロングアーム式だったのに対し、新型では前マクファーソンストラット、後マルチリンクへ。トランスミッションは「セレクトシフト」付きの6段ATとなり、セレクターノブの横に位置する「サムスイッチ」でマニュアルシフトが可能だ。

「フォード・エクスプローラー XLT」
「フォード・エクスプローラー XLT」
ステアリングスイッチは、左側で平均燃費などの走行情報、右側でオーディオ、空調などの操作を行う。それぞれの情報は、メータークラスター左右のディスプレイに表示される。
ステアリングスイッチは、左側で平均燃費などの走行情報、右側でオーディオ、空調などの操作を行う。それぞれの情報は、メータークラスター左右のディスプレイに表示される。
インテリアは、「リミテッド」(写真)が本革のチャコールブラック、「XLT」はクロス地のライトストーンとなる。
インテリアは、「リミテッド」(写真)が本革のチャコールブラック、「XLT」はクロス地のライトストーンとなる。

■「MyFord Touch」を搭載

話を再びボディに戻すと、ボディサイズは全長5020mm×全幅2000mm×全高1805mmと、従来型よりひとまわり大きくなっている。「フォード・エッジ」(日本未導入)と足並みをそろえた、フォードの新世代SUVのエクステリアデザインが採用されている。外観同様、内装も一新されている。素材にもこだわり、ヨーロッパのプレミアムSUVをベンチマークにしているという。シートは3列配置で、乗車定員は7名とされる。

装備面での見どころは、エアコン、オーディオ、携帯電話のハンズフリー通話など、車内のさまざまな装備や情報を一元化して操作できる「MyFord Touch(マイ・フォード・タッチ)」が搭載されたことだろう。タッチパネルのほか、ステアリングスイッチや音声でも操作することができる。
一方、安全面では、オーバースピードでコーナーに進入したときにエンジン出力制御とABSを併用して車両の安定化を図る「カーブコントロール」が新たに採用された。

グレードは「XLT」と「リミテッド」の2種類。パワートレインや安全装備は共通で、上級のリミテッドには本革シート、デュアルパネルサンルーフ、パワーリフトリアゲートなどが標準装備となるほか、3列目シートにパワーフォールディング機能が付く。価格はXLTが440万円で、リミテッドが530万円。左ハンドルのみの設定となる。

発表会場でティム・タッカー社長は「今年の秋に導入するエクスプローラーをはじめ、2012年までに大幅なモデルチェンジを含めて6車種の新商品を日本市場に投入する」と述べた。また2011年末から2012年の初頭にかけて、経済性に優れた2リッター直4の「エコブーストエンジン」を追加する予定であることも明らかにした。

(webCG 竹下)

フォード・ジャパン・リミテッド代表取締役社長兼CEOのティム・タッカー氏。
フォード、新型「エクスプローラー」を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る