【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1915mm/ホイールベース=2390mm/車重=1110kg/駆動方式=MR/モーター+リチウムイオンバッテリー(モーター:41ps/20.0kgm、バッテリー:10.5kWh)/航続距離約100km(メーカーオプション:リアシート、急速充電)

三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】

元祖EV、未来への一手 2011.05.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。

古いのか、新しいのか

グローブボックスを開けると、取扱説明書が3冊入っていた。「i-MiEV」と「ミニキャブバン」の市販車に用意された分厚い冊子、そしてホチキスでとじられた10ページの「ミニキャブ・ミーブ」用のものである。2011年の年末に発売される予定のこのクルマは、今の段階ではまだ試作車なのだ。
ボディシャシーはミニキャブバンのもの、動力系はi-MiEVのものをほとんどそのまま使っている。これからさまざまなチューニングが施されることになっていて、市販されるバージョンとは異なっている部分があることをご承知願いたい。

2009年6月に電気自動車(EV)のさきがけとなったi-MiEVがデビューして以来2年がたつ。今年は日産が「リーフ」を市場に投入し、アメリカから「テスラ」も上陸を果たした。ここで三菱が世に問うのが、まさかの商用車である。1999年に6代目が登場して12年を経たシリーズに、最新のパワーソースが与えられたのだ。いったい、古いのか、新しいのか。乗ってみると、新しかった。

ガソリン版はエンジンが座席の下に位置するが、i-MiEVからパワートレインを移植したこのクルマは、モーターとインバーターをリアに搭載している。リチウムイオン電池を車体中央の床下に置いていて、重量はどうしても増加する。ガソリン仕様のミニキャブバンの車両重量が900kgを切っているのに対し、この車両は1120kgだった。前軸重が530kgで後軸重が590kgだから、わずかにリアヘビーだ。ハンドリングなども相当違うはずだが、残念ながら普通のミニキャブバンに乗ったことがない。商用車の試乗会が開かれることはまれだし、試乗車も用意されていないのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱が「ミニキャブ ミーブ バン」の装備を強化 2017.1.26 自動車ニュース 三菱が軽ワンボックスタイプの電動商用車「ミニキャブ ミーブ バン」を一部改良。充電中などに車外から空調を遠隔操作できる「プレ空調」機能を新たに採用したほか、運転席&助手席シートヒーターなどを標準装備とした。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る