アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表

2011.05.24 自動車ニュース

アストン・マーティンが「V12ザガート」を発表 耐久レースに参戦も

英アストン・マーティンは2011年5月21日、イタリアで開催されたヴィラ・デステ・コンクールにおいて、「V12ザガート」を公開した。

■「DB4GTザガート」50周年を記念したコラボレーション

毎年、イタリアのコモ湖畔で開催される「ヴィラ・デステ」のコンクール・デレガンスにて、アストン・マーティンが公開したのが「V12ザガート」だ。「V12ヴァンテージ」をベースに、「DB4GTザガート」のイメージを受け継ぐスポーティなボディを手に入れたこのV12ザガートを、アストン・マーティンのウルリッヒ・ベッツCEOは「ザガートのデザインとアストン・マーティンのデザイン、そしてエンジニアリングが完璧に融合したクルマ」と紹介している。

半世紀前に登場したDB4GTザガートは、アストン・マーティンの「DB4GT」にザガートのボディを架したスポーツモデル。その後も両社は「V8ヴァンテージ・ザガート」「DB7ザガート」を世に送り出してきた。

その両社の最新のコラボレーションとなるV12ザガートは、V12ヴァンテージのアルミスペースフレームや517ps、58.1kgmの6リッターV12エンジンを流用しながら、エクステリアを一新。DB4GTザガートを彷彿(ほうふつ)とさせる力強いリアフェンダーや特徴的な"ダブルバブルルーフ"など、アウターパネルをハンドクラフトのアルミで仕上げている。

スライド式のサイドウィンドウや室内に施されたロールケージからわかるように、このV12ザガートはレース用につくられた車両で、5月28日にニュルブルクリンクで行われるVLN4時間耐久レースでデビュー。さらに、6月25日のニュルブルクリンク24時間レースにも参戦する予定である。

少数ながらV12ザガートのロードゴーイングバージョンも生産される予定で、エンスージアストにとってはその登場が待ち遠しいクルマとなるはずだ。

(文=生方聡)

「アストン・マーティンV12ザガート」
「アストン・マーティンV12ザガート」 拡大
「アストン・マーティンDB4GTザガート」
「アストン・マーティンDB4GTザガート」 拡大
アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表の画像 拡大

アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表の画像 拡大

関連キーワード:
V12ヴァンテージアストンマーティンイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.23 試乗記 991型「ポルシェ911」の集大成ともいえるスペシャルモデル「GT3 RS」に、ニュルブルクリンクGPコースで試乗。軽量ボディーに歴代GT3 RS最高となる520psの自然吸気エンジンを載せたマシンは、緊張感と高揚感をドライバーにもたらした。
ホームへ戻る