アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表

2011.05.24 自動車ニュース

アストン・マーティンが「V12ザガート」を発表 耐久レースに参戦も

英アストン・マーティンは2011年5月21日、イタリアで開催されたヴィラ・デステ・コンクールにおいて、「V12ザガート」を公開した。

■「DB4GTザガート」50周年を記念したコラボレーション

毎年、イタリアのコモ湖畔で開催される「ヴィラ・デステ」のコンクール・デレガンスにて、アストン・マーティンが公開したのが「V12ザガート」だ。「V12ヴァンテージ」をベースに、「DB4GTザガート」のイメージを受け継ぐスポーティなボディを手に入れたこのV12ザガートを、アストン・マーティンのウルリッヒ・ベッツCEOは「ザガートのデザインとアストン・マーティンのデザイン、そしてエンジニアリングが完璧に融合したクルマ」と紹介している。

半世紀前に登場したDB4GTザガートは、アストン・マーティンの「DB4GT」にザガートのボディを架したスポーツモデル。その後も両社は「V8ヴァンテージ・ザガート」「DB7ザガート」を世に送り出してきた。

その両社の最新のコラボレーションとなるV12ザガートは、V12ヴァンテージのアルミスペースフレームや517ps、58.1kgmの6リッターV12エンジンを流用しながら、エクステリアを一新。DB4GTザガートを彷彿(ほうふつ)とさせる力強いリアフェンダーや特徴的な"ダブルバブルルーフ"など、アウターパネルをハンドクラフトのアルミで仕上げている。

スライド式のサイドウィンドウや室内に施されたロールケージからわかるように、このV12ザガートはレース用につくられた車両で、5月28日にニュルブルクリンクで行われるVLN4時間耐久レースでデビュー。さらに、6月25日のニュルブルクリンク24時間レースにも参戦する予定である。

少数ながらV12ザガートのロードゴーイングバージョンも生産される予定で、エンスージアストにとってはその登場が待ち遠しいクルマとなるはずだ。

(文=生方聡)

「アストン・マーティンV12ザガート」
アストン・マーティンが「V12ザガート」を発表 耐久レースに参戦も
「アストン・マーティンDB4GTザガート」
アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表
アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表

アストン・マーティン、「V12ザガート」を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
ホームへ戻る