「プジョー207CC」に全仏オープン公認の限定車

2011.05.24 自動車ニュース

「プジョー207CC」に全仏オープン公認の限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年5月24日、電動リトラクタブルハードトップ搭載のオープンカー「プジョー207CC」に、特別仕様車「Roland Garros(ロラン・ギャロス)」を設定し、発売した。

「ロラン・ギャロス」は、仏オートモビル・プジョーがオフィシャルスポンサーをつとめる全仏オープンテニストーナメントの開催にあわせて設定される恒例の特別仕様車だ。今年は「207CC」をベースに、クレーコートをモチーフとした色合わせのモデルが設定された。

同車は、ビアンカホワイトのボディカラーにベージュのアレザンレザー内装(通常は受注生産)を組み合わせることで、クレーコートと白線のイメージを表現。さらに17インチアロイホイールを装着し、スポーティな雰囲気を演出した。また左右ドアとリアには、「ROLAND GARROS」ロゴが貼付される。

内装には、スポーツレザーステアリングホイール、「ROLAND GARROS」の刺しゅう入りフロアマットが採用される。

価格は、324万円。販売台数は、20台限定。

(webCG 曽宮)

「プジョー207CC ロラン・ギャロス」。パワートレインは、1.6リッターエンジン(最高出力120ps、最大トルク16.3kgm)に4段ATが組み合わされる。
「プジョー207CC ロラン・ギャロス」。パワートレインは、1.6リッターエンジン(最高出力120ps、最大トルク16.3kgm)に4段ATが組み合わされる。

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【東京モーターショー2017】プジョー、主力の「308」を大幅改良 2017.10.26 自動車ニュース 第45回東京モーターショーにおけるプジョーブースの主役はSUVだ。さらに、販売の主力となっている「308」に改良を加えて商品力を大幅に高め、セールスにおける責めの姿勢を示した。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー... 2017.5.9 カーマニア人間国宝への道
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記