「プジョー207CC」に全仏オープン公認の限定車

2011.05.24 自動車ニュース

「プジョー207CC」に全仏オープン公認の限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年5月24日、電動リトラクタブルハードトップ搭載のオープンカー「プジョー207CC」に、特別仕様車「Roland Garros(ロラン・ギャロス)」を設定し、発売した。

「ロラン・ギャロス」は、仏オートモビル・プジョーがオフィシャルスポンサーをつとめる全仏オープンテニストーナメントの開催にあわせて設定される恒例の特別仕様車だ。今年は「207CC」をベースに、クレーコートをモチーフとした色合わせのモデルが設定された。

同車は、ビアンカホワイトのボディカラーにベージュのアレザンレザー内装(通常は受注生産)を組み合わせることで、クレーコートと白線のイメージを表現。さらに17インチアロイホイールを装着し、スポーティな雰囲気を演出した。また左右ドアとリアには、「ROLAND GARROS」ロゴが貼付される。

内装には、スポーツレザーステアリングホイール、「ROLAND GARROS」の刺しゅう入りフロアマットが採用される。

価格は、324万円。販売台数は、20台限定。

(webCG 曽宮)

「プジョー207CC ロラン・ギャロス」。パワートレインは、1.6リッターエンジン(最高出力120ps、最大トルク16.3kgm)に4段ATが組み合わされる。
「プジョー207CC ロラン・ギャロス」。パワートレインは、1.6リッターエンジン(最高出力120ps、最大トルク16.3kgm)に4段ATが組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る