クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】CLS350 ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4940×1880×1415mm/ホイールベース=2874mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=930万円(テスト車=1044万1000円/メタリックペイント=9万6000円/ガラススライディングルーフ=19万5000円/AMGスポーツパッケージ=60万円/ナイトビューアシストプラス=25万円)

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【試乗記】

見た目は派手に、心はやさしく 2011.05.22 試乗記 メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/CLS63 AMG(FR/7AT)
……1044万1000円/1862万5000円


メルセデス・ベンツの4ドアクーペ「CLS」がフルモデルチェンジして登場。ダイナミックなボディに新エンジンを搭載した、新型の走りを試す。

セダンはカッコが命

「ご夫婦でディーラーに「Eクラス」を見に来られて、『こっちをください』という奥様のひと言で『CLS』に決まるケースが意外と多い」というのは、メルセデス・ベンツ日本の担当者の弁。なるほど、CLSってそういう風に買うクルマなのだ。

6年前、初代メルセデス・ベンツCLSクラスが登場した時には、「天井の低いクーペみたいなセダンを認めていいものか」というようなことを考えたり書いたりした覚えがある。でも、そんなカビの生えそうな議論をしていた自分よりも、ユーザーのほうがはるかに先を行っているのだ。
腰をかがめずに乗り降りできるとか荷物が積めるとか、そういった役割はミニバンなどに任せればいいのだ。いまの時代、セダンはひたすらカッコよさを追求すればいい。恥ずかしながら、6年かかってようやく周回遅れから脱しました。

2011年2月に日本で発表された2代目CLSのデザインは、さらにパンチ力を増した。片側だけで71個ものLEDを用いた「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」を見て、“スワロフスキー増量”というフレーズが浮かぶ。長〜いボンネットと、そこから突き出るラジエターグリルのコンビネーションは、スーパースポーツ「メルセデス・ベンツSLS AMG」を彷彿(ほうふつ)とさせる。
これならディーラーを訪れた奥様はもちろん、ご主人も今まで以上に強い力で吸い寄せるはずだ。ヘッドランプから後方に流れるキャラクターラインは触ると切れそうだし、リアフェンダーのモリモリ感もすさまじい。

CLSの日本でのラインナップは2グレード。ひとつは従来型に比べて約3割も燃費が向上したという、新開発3.5リッターV型6気筒エンジンを積む「CLS350 ブルーエフィシェンシー」で、もうひとつが500psオーバーの5.5リッターV型8気筒ツインターボエンジンを積む「CLS 63 AMG」だ。
まずは販売の主力となるであろう、前者から紹介したい。

片側だけで71個ものLEDを用いるLEDハイパフォーマンスヘッドランプ。その内訳は、ウインカー13個、ポジションライト22個、ロービーム/近距離用8個、ロービーム/中距離用8個、ハイビーム8個、コーナリングライト2個、ナイトビューアシストプラス(オプション)の赤外線照射灯10個。ヘッドランプユニットは3分割されており、最上層がウインカー、その下がロービーム、一番下がハイビームとナイトビューアシストプラスとなる。
片側だけで71個ものLEDを用いるLEDハイパフォーマンスヘッドランプ。その内訳は、ウインカー13個、ポジションライト22個、ロービーム/近距離用8個、ロービーム/中距離用8個、ハイビーム8個、コーナリングライト2個、ナイトビューアシストプラス(オプション)の赤外線照射灯10個。ヘッドランプユニットは3分割されており、最上層がウインカー、その下がロービーム、一番下がハイビームとナイトビューアシストプラスとなる。 拡大
「CLS63 AMG」のカーボンファイバー製のトランクリッドスポイラーリップとリアディフューザーは、オプションの「AMGカーボンエクステリアパッケージ」に含まれる。
「CLS63 AMG」のカーボンファイバー製のトランクリッドスポイラーリップとリアディフューザーは、オプションの「AMGカーボンエクステリアパッケージ」に含まれる。 拡大
「CLS350 ブルーエフィシェンシー」(写真手前)は、オプションの「AMGスポーツパッケージ」装着車。フロントスポイラーが備わるほか、ラジエターグリルを真横に横断するラインが1本となる(非装着車は2本)。
「CLS63 AMG」(写真奥)にはオプションの「AMGカーボンエクステリアパッケージ」が装着されていた。フロント部ではスポイラーリップとドアミラーがカーボンファイバー製となる。
「CLS350 ブルーエフィシェンシー」(写真手前)は、オプションの「AMGスポーツパッケージ」装着車。フロントスポイラーが備わるほか、ラジエターグリルを真横に横断するラインが1本となる(非装着車は2本)。
「CLS63 AMG」(写真奥)にはオプションの「AMGカーボンエクステリアパッケージ」が装着されていた。フロント部ではスポイラーリップとドアミラーがカーボンファイバー製となる。 拡大

深みを増した、元ちょい悪

新しい3.5リッターV6の直噴エンジンは、従来型よりパワフルになりながら燃費も良くなっているというのがウリ。スペックを比べれば、最高出力が306psと従来型から34psアップになっている一方で、10・15モード燃費は従来型の8.5km/リッターから12.4km/リッターへと大幅に向上している。
燃費向上の要因としては、希薄燃焼(リーンバーン)方式を採用したことがあげられる。資料を見ると、エンジンの回転数が3000-4000rpm以下の領域で、アクセルペダルをやさしく踏む状態で大幅に燃費が向上していることがわかる。

「E」「S」「M」の3つのドライブモード(Mはオプション)からエコを意味する「E」を選ぶと、7段ATがするするっとシフトアップして高いギアを選ぶ。結果、特に意識しなくても燃費のいい回転域で走ることになる。「E」モードのまったりとしたエンジンレスポンスに不満を感じた時には、「S」をセレクトすれば「カーン!」という乾いた音とともにV6エンジンが軽やかに回転を上げる。ごくナチュラルに作動する「ECOスタートストップ機構」(アイドリングストップ装置)も、燃費向上の一因だ。

新型CLSの3.5リッターモデルで何よりグッときたのは、ヌメヌメした乗り心地と、スカッとさわやかなハンドリングを両立していることだ。試乗車は「AMGスポーツパッケージ」のオプションを装着していたので、サスペンションは「AIRマティックサスペンション」となるが、これがよかった。
普通に走っている時にはひたひたと、湿り気と温もりを感じさせる乗り心地を提供する。一方で、コーナーリング中のここぞという時にはギュッと引き締まる。ダンパーのセッティングは、「SPORT」と「COMF」の2種類から選ぶことができる。スポーティな前者を選ぶと、ステアリングホイールを切った瞬間の“グラッ”という横傾きがかなり減る。パワーステアリングは油圧式から電動式に改められたが、そうと知らなければ気付かないほどいい感じの手応えだ。

ルックスが華やかになった一方で、乗り味はより洗練され、かつ深みを増した印象。長いノーズの見切りが悪いという問題はあるものの、カッコで選んだ人をクルマ好き、運転好きにしてしまうぐらいの力を秘めている。

直噴システムの採用により、34psのパワーアップと33%の燃費向上を両立した新しい3.5リッターV6エンジン。アイドリングストップ装置の作動もごく自然だった。
直噴システムの採用により、34psのパワーアップと33%の燃費向上を両立した新しい3.5リッターV6エンジン。アイドリングストップ装置の作動もごく自然だった。 拡大
「CLS350」のインテリア。オプションの「AMGスポーツパッケージ」を装着しているのでステアリングホイールがスポーツタイプになり、ドライブモードにM(マニュアル操作)モードが加わる。セレクターレバーはステアリングコラムから延びるタイプ。
「CLS350」のインテリア。オプションの「AMGスポーツパッケージ」を装着しているのでステアリングホイールがスポーツタイプになり、ドライブモードにM(マニュアル操作)モードが加わる。セレクターレバーはステアリングコラムから延びるタイプ。 拡大
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【試乗記】の画像 拡大
LEDを用いたテールランプが独特の存在感を醸す。リアスカートと19インチAMG5スポークアルミホイールは、オプションの「AMGスポーツパッケージ」に含まれる。
LEDを用いたテールランプが独特の存在感を醸す。リアスカートと19インチAMG5スポークアルミホイールは、オプションの「AMGスポーツパッケージ」に含まれる。 拡大

繊細な暴れん坊

標準でも525psと十二分なのに、「AMGパフォーマンスパッケージ」のオプションを装着した試乗車の最高出力は557ps! 「CLS63 AMG」のスターターボタンを押すと、「フババババーン!」というばりばりに演出を施された音とともにエンジンが目覚める。

気持ちを静めてからコクピットを見まわすと、V6モデルとは少し景色が異なることに気が付く。まず、V6モデルではステアリングの根っこから生えていたシフトセレクターが、こちらではセンターコンソールに位置する。これはトランスミッションが異なるからで、職人が手作業で組んだ「63AMG」の5.5リッターV8ツインターボエンジンには、「AMGスピードシフトMCT」が組み合わされる。

走り始めれば、V6モデルとはまったく別のクルマだ。アクセルペダルを踏み込む足裏に少し力を入れるだけで、威風堂々と発進する。さらに踏み込めばV8ツインターボエンジンはカキーンと回転を上げ、猛烈な勢いで後輪がアスファルトをけ飛ばす。こう書くといかにも豪快なマシンだけれど、豪快さの中にもキメの細かさが感じられるのは、アクセルペダルの操作に対するレスポンスが鋭いからだろう。もうひとつ、トランスミッションの出来がいいことも繊細さを感じる理由だ。

ドライブモードを「C」から「S」、さらに「S+」にするごとにシフトのスピードがアップする。「S+」モードではまさに電光石火で、コーナー手前でブレーキングするとオートマチックモードでも「シュン! シュン!」とブリッピングしながらギアを落とす。運転しながら拍手をしたくなるほど見事な“技”だ。

乗り心地には不満なし。路面の悪いところを突破して「来るぞ」と体が身構えても、伝わるショックは拍子抜けするほど小さい。コーナーでの身軽さを思えば、乗り心地は信じられないほど穏やかだ。
面白いのは、飛ばさなくても“いいモノ”感がびんびん伝わってくること。エンジンといい、足まわりといい、いかにも丁寧に作ったということが伝わってくる。「情感に富んだ」という表現を使いたくなる一台。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)

従来型の6.2リッターから5.5リッターへとダウンサイジングしたV8エンジン。直噴化とツインターボによる過給により、11psのパワーアップと従来型比約30%の燃費向上を実現した。アイドリングストップ装置も燃費向上に寄与している。
従来型の6.2リッターから5.5リッターへとダウンサイジングしたV8エンジン。直噴化とツインターボによる過給により、11psのパワーアップと従来型比約30%の燃費向上を実現した。アイドリングストップ装置も燃費向上に寄与している。 拡大
IWCの時計が輝く「CLS63 AMG」のインテリア。オプションのAMGカーボンインテリアトリムが装着されているため、内装のあちこちにカーボンがあしらわれる。セレクターレバーは、CLS350がステアリングコラムから延びるのに対し、63 AMGはセンターコンソールに配置される。
IWCの時計が輝く「CLS63 AMG」のインテリア。オプションのAMGカーボンインテリアトリムが装着されているため、内装のあちこちにカーボンがあしらわれる。セレクターレバーは、CLS350がステアリングコラムから延びるのに対し、63 AMGはセンターコンソールに配置される。
拡大
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【試乗記】の画像 拡大
メルセデス・ベンツの最新モデルだけに、もちろん安全への配慮にも抜かりはない。先行車や対向車を検知することでヘッドライトの照射範囲を自動で最適化するアダプティブハイビームアシストを全車に標準装備。また、疲労や眠気によりドライバーの運転が乱れた時に注意を喚起するアテンションアシストも全車標準装備。ほかに、レーンキーピングアシストやナイトビューアシストプラスなどの安全装備がオプション設定される。

【スペック】CLS63 AMG(AMGパフォーマンスパッケージ装着車):全長×全幅×全高=4995×1880×1410mm/ホイールベース=2874mm/車重=1900kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブツインターボ(557ps/5500rpm、81.6kgm/2000-4500rpm)/価格=1645万円(テスト車=1862万5000円/AMGパフォーマンスパッケージ=110万円/AMGカーボンエクステリアパッケージ=60万円/AMGカーボンインテリアトリム=40万円/レーンキーピングアシスト=7万5000円)
メルセデス・ベンツの最新モデルだけに、もちろん安全への配慮にも抜かりはない。先行車や対向車を検知することでヘッドライトの照射範囲を自動で最適化するアダプティブハイビームアシストを全車に標準装備。また、疲労や眠気によりドライバーの運転が乱れた時に注意を喚起するアテンションアシストも全車標準装備。ほかに、レーンキーピングアシストやナイトビューアシストプラスなどの安全装備がオプション設定される。

【スペック】CLS63 AMG(AMGパフォーマンスパッケージ装着車):全長×全幅×全高=4995×1880×1410mm/ホイールベース=2874mm/車重=1900kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブツインターボ(557ps/5500rpm、81.6kgm/2000-4500rpm)/価格=1645万円(テスト車=1862万5000円/AMGパフォーマンスパッケージ=110万円/AMGカーボンエクステリアパッケージ=60万円/AMGカーボンインテリアトリム=40万円/レーンキーピングアシスト=7万5000円) 拡大

関連キーワード:
CLSクーペメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事