【スペック】CLS350 ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4940×1880×1415mm/ホイールベース=2874mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=930万円(テスト車=1044万1000円/メタリックペイント=9万6000円/ガラススライディングルーフ=19万5000円/AMGスポーツパッケージ=60万円/ナイトビューアシストプラス=25万円)

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【試乗記】

見た目は派手に、心はやさしく 2011.05.22 試乗記 メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/CLS63 AMG(FR/7AT)
……1044万1000円/1862万5000円


メルセデス・ベンツの4ドアクーペ「CLS」がフルモデルチェンジして登場。ダイナミックなボディに新エンジンを搭載した、新型の走りを試す。

セダンはカッコが命

「ご夫婦でディーラーに「Eクラス」を見に来られて、『こっちをください』という奥様のひと言で『CLS』に決まるケースが意外と多い」というのは、メルセデス・ベンツ日本の担当者の弁。なるほど、CLSってそういう風に買うクルマなのだ。

6年前、初代メルセデス・ベンツCLSクラスが登場した時には、「天井の低いクーペみたいなセダンを認めていいものか」というようなことを考えたり書いたりした覚えがある。でも、そんなカビの生えそうな議論をしていた自分よりも、ユーザーのほうがはるかに先を行っているのだ。
腰をかがめずに乗り降りできるとか荷物が積めるとか、そういった役割はミニバンなどに任せればいいのだ。いまの時代、セダンはひたすらカッコよさを追求すればいい。恥ずかしながら、6年かかってようやく周回遅れから脱しました。

2011年2月に日本で発表された2代目CLSのデザインは、さらにパンチ力を増した。片側だけで71個ものLEDを用いた「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」を見て、“スワロフスキー増量”というフレーズが浮かぶ。長〜いボンネットと、そこから突き出るラジエターグリルのコンビネーションは、スーパースポーツ「メルセデス・ベンツSLS AMG」を彷彿(ほうふつ)とさせる。
これならディーラーを訪れた奥様はもちろん、ご主人も今まで以上に強い力で吸い寄せるはずだ。ヘッドランプから後方に流れるキャラクターラインは触ると切れそうだし、リアフェンダーのモリモリ感もすさまじい。

CLSの日本でのラインナップは2グレード。ひとつは従来型に比べて約3割も燃費が向上したという、新開発3.5リッターV型6気筒エンジンを積む「CLS350 ブルーエフィシェンシー」で、もうひとつが500psオーバーの5.5リッターV型8気筒ツインターボエンジンを積む「CLS 63 AMG」だ。
まずは販売の主力となるであろう、前者から紹介したい。

片側だけで71個ものLEDを用いるLEDハイパフォーマンスヘッドランプ。その内訳は、ウインカー13個、ポジションライト22個、ロービーム/近距離用8個、ロービーム/中距離用8個、ハイビーム8個、コーナリングライト2個、ナイトビューアシストプラス(オプション)の赤外線照射灯10個。ヘッドランプユニットは3分割されており、最上層がウインカー、その下がロービーム、一番下がハイビームとナイトビューアシストプラスとなる。
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【短評】
「CLS63 AMG」のカーボンファイバー製のトランクリッドスポイラーリップとリアディフューザーは、オプションの「AMGカーボンエクステリアパッケージ」に含まれる。
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【短評】
「CLS350 ブルーエフィシェンシー」(写真手前)は、オプションの「AMGスポーツパッケージ」装着車。フロントスポイラーが備わるほか、ラジエターグリルを真横に横断するラインが1本となる(非装着車は2本)。
「CLS63 AMG」(写真奥)にはオプションの「AMGカーボンエクステリアパッケージ」が装着されていた。フロント部ではスポイラーリップとドアミラーがカーボンファイバー製となる。
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー/CLS63 AMG【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る