第194回:健闘「やきそばスパゲティ」カー!? その奇襲作戦とは

2011.05.20 エッセイ

第194回:健闘「やきそばスパゲティ」カー!? その奇襲作戦とは

イタリアの意外なヒット車

最近イタリアの路上で少しずつ見かける頻度が高くなった意外なクルマといえば「dr」である。「dr」とは何ぞやというところから、まず説明する必要があろう。

drはイタリア南部モリーゼ州イゼルニア県に本社を置く、「drモーターカンパニー」という企業が2006年から展開している自動車ブランドである。中国・奇瑞(チェリー)汽車製のプラットフォーム/ボディパネルおよびパワートレインの大半をイタリアの工場で組み立てている。いわゆるノックダウン生産に近いが、欧州製パーツも使用して、ある程度のローカルコンテンツを確保している。シャシーナンバープレートも「イタリア製」となる。

現行ラインナップは以下の通りである。
「dr1」:1.1&1.3リッターのシティカー。奇瑞の1ブランドである「瑞麒M1(リーチM1)」がベース。
「dr2」:1.3リッターのコンパクトカー。奇瑞の「A1」がベース。
「dr5」:SUV。奇瑞の「瑞虎(ティゴ)」がベース。

いわば両国メーカーの共同作業の成果であり、いわば「やきそばみたいなスパゲティ」といったところである。
目下人気車種は最小モデルのdr1である。どのくらい勢いがあるかというと、2010年12月にイタリア国内で701台の登録を記録。セグメントAで「トヨタiQ」や「ルノー・トゥインゴ」を抜いて10位に入った。年間登録台数も3153台に達し、「フォルクスワーゲンFOX」を抜いた。

参考までに価格は付加価値税込みで8330ユーロ(約97万円)である。ルノーグループのローコスト車「ダチア・サンデロ」が1.2リッターで6950ユーロだから、けっして安くはない。
ただし、より都市部の駐車や古い車庫でも不便がないよう、少しでも小さなサイズのクルマを求めるイタリア人ユーザー層に、dr1はそれなりの訴求力を発揮しているようだ。保険や税金も安い。昔の欽ちゃんの言葉を借りれば「どっちが得か、よーく考えてみよう!」である。

2010年ジュネーブショーに出品された「dr1」。
第194回:健闘「やきそばスパゲッティ」カー!? その奇襲作戦とは
国道を走る「dr1」。
第194回:健闘「やきそばスパゲッティ」カー!? その奇襲作戦とは
サービスエリアで見かけた「dr5」。
第194回:健闘「やきそばスパゲッティ」カー!? その奇襲作戦とは

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。