「トヨタ・シエンタ」小変更 新グレードも登場

2011.05.19 自動車ニュース

「トヨタ・シエンタ」小変更 新グレードも登場

トヨタ自動車はミニバン「シエンタ」の仕様を変更し、2011年6月13日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、FF車のエンジン、トランスミッション、オルタネーターの制御が見直され、燃費が18.6km/リッターから19.2km/リッター(10・15モード値)に向上した。

内外装については、リアコンビランプやアナログメーターのデザインが改められ、シート表皮は新しいものに。ステアリングホイールには新たにシルバーの装飾が施された。
ボディカラーについても、ふたつの新色「マルーンブラウンマイカ」「ライトブルーマイカメタリック」が追加された(全8色)。

新グレードがふたつ、すなわち、大開口のフロントバンパーや角張ったヘッドランプなどでアクティブなイメージが演出された「DICE(ダイス)」と、エントリーグレード「X」をベースに助手席側パワースライドドアなどの快適装備が与えられた「X“Lパッケージ”」が追加されたのもニュースだ。

価格は、「X」(FF車)の157万5000円から「G」(4WD)の197万3500円まで。

(webCG 関)

新グレードの「DICE」。「シエンタ」の特徴である“丸目”は、角張ったものに変更されている。
新グレードの「DICE」。「シエンタ」の特徴である“丸目”は、角張ったものに変更されている。
「シエンタDICE」のリアビュー。
「シエンタDICE」のリアビュー。
こちらは、エントリーグレードに快適装備が追加された「シエンタX“Lパッケージ”」。目玉は相変わらずパッチリ。
こちらは、エントリーグレードに快適装備が追加された「シエンタX“Lパッケージ”」。目玉は相変わらずパッチリ。

関連キーワード:
シエンタトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
ホームへ戻る