「トヨタ・シエンタ」小変更 新グレードも登場

2011.05.19 自動車ニュース

「トヨタ・シエンタ」小変更 新グレードも登場

トヨタ自動車はミニバン「シエンタ」の仕様を変更し、2011年6月13日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、FF車のエンジン、トランスミッション、オルタネーターの制御が見直され、燃費が18.6km/リッターから19.2km/リッター(10・15モード値)に向上した。

内外装については、リアコンビランプやアナログメーターのデザインが改められ、シート表皮は新しいものに。ステアリングホイールには新たにシルバーの装飾が施された。
ボディカラーについても、ふたつの新色「マルーンブラウンマイカ」「ライトブルーマイカメタリック」が追加された(全8色)。

新グレードがふたつ、すなわち、大開口のフロントバンパーや角張ったヘッドランプなどでアクティブなイメージが演出された「DICE(ダイス)」と、エントリーグレード「X」をベースに助手席側パワースライドドアなどの快適装備が与えられた「X“Lパッケージ”」が追加されたのもニュースだ。

価格は、「X」(FF車)の157万5000円から「G」(4WD)の197万3500円まで。

(webCG 関)

新グレードの「DICE」。「シエンタ」の特徴である“丸目”は、角張ったものに変更されている。
新グレードの「DICE」。「シエンタ」の特徴である“丸目”は、角張ったものに変更されている。
「シエンタDICE」のリアビュー。
「シエンタDICE」のリアビュー。
こちらは、エントリーグレードに快適装備が追加された「シエンタX“Lパッケージ”」。目玉は相変わらずパッチリ。
こちらは、エントリーグレードに快適装備が追加された「シエンタX“Lパッケージ”」。目玉は相変わらずパッチリ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
ホームへ戻る