「トヨタ・シエンタ」小変更 新グレードも登場

2011.05.19 自動車ニュース

「トヨタ・シエンタ」小変更 新グレードも登場

トヨタ自動車はミニバン「シエンタ」の仕様を変更し、2011年6月13日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、FF車のエンジン、トランスミッション、オルタネーターの制御が見直され、燃費が18.6km/リッターから19.2km/リッター(10・15モード値)に向上した。

内外装については、リアコンビランプやアナログメーターのデザインが改められ、シート表皮は新しいものに。ステアリングホイールには新たにシルバーの装飾が施された。
ボディカラーについても、ふたつの新色「マルーンブラウンマイカ」「ライトブルーマイカメタリック」が追加された(全8色)。

新グレードがふたつ、すなわち、大開口のフロントバンパーや角張ったヘッドランプなどでアクティブなイメージが演出された「DICE(ダイス)」と、エントリーグレード「X」をベースに助手席側パワースライドドアなどの快適装備が与えられた「X“Lパッケージ”」が追加されたのもニュースだ。

価格は、「X」(FF車)の157万5000円から「G」(4WD)の197万3500円まで。

(webCG 関)

新グレードの「DICE」。「シエンタ」の特徴である“丸目”は、角張ったものに変更されている。
新グレードの「DICE」。「シエンタ」の特徴である“丸目”は、角張ったものに変更されている。
「シエンタDICE」のリアビュー。
「シエンタDICE」のリアビュー。
こちらは、エントリーグレードに快適装備が追加された「シエンタX“Lパッケージ”」。目玉は相変わらずパッチリ。
こちらは、エントリーグレードに快適装備が追加された「シエンタX“Lパッケージ”」。目玉は相変わらずパッチリ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る