【スペック】パサートTSIハイライン:全長×全幅×全高=4785×1820×1490mm/ホイールベース=2710mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=374万円(テスト車=402万3500円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円/電動ガラススライディングルーフ=12万6000円)

フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント【試乗速報】

ゴルフより低燃費 2011.05.19 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/7AT)/パサートヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)
……402万3500円/435万9000円

7世代目となる新型「パサート」の売りはずばり、燃費性能。大柄なボディに組み合わされるのは、なんと、1.4リッターエンジンだ。
それで、ちゃんと走るのか!?

ゴルフ、ピンチ!?

「パサート」は「最も玄人好みのフォルクスワーゲン」である。新型のプレゼンでフォルクスワーゲン・ジャパンの人がそう言ってたのだから間違いない。たしかに、同窓会で会った旧友のマイカーが「ゴルフ」なら“スルー”かも知れないが、「パサートに乗ってる」と言われたら、ワケを知りたくなる。いちばんミーハーじゃないガイシャをなにゆえ選んだのか、じっくり聞き出してみたい、と思うのはぼくだけだろうか。

パサートが7代目になった。海外ではフェイスリフトと報道するメディアもあるが、フォルクスワーゲンは2006年以来のフルチェンジと言っている。ボディのフォルムもサイズもほとんど変わっていないが、ルーフ以外の外板は一新されている。なにより一目瞭然(りょうぜん)なのは、セダンもワゴンも、水平基調の新しいVWマスクになったこと。元アウディ、その前はアルファ・ロメオで辣腕(らつわん)をふるった現フォルクスワーゲンのデザインチーフ、ワルター・ダ・シルヴァの“顔”である。

今回デビューしたのは4気筒モデルのセダンとヴァリアント(ワゴン)だが、最大のニュースはそのエンジンで、これまでの2リッター/1.8リッターから1.4リッターに変更された。122psの直噴ターボユニットは「ゴルフ コンフォートライン」用と同じ。ただし、ゴルフにはないアイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムが標準装備され、おかげで、10・15モード燃費(18.4km/リッター)は、Dセグメント輸入車ナンバーワンはもちろんのこと、「ゴルフ コンフォートライン」(16.4km/リッター)さえもしのぐ。つまり、ゴルフと同じエンジンを積む、ゴルフより燃費のいい中型フォルクスワーゲンである。

ドライバーのステアリング操作から集中力の低下を検知し、アラーム音と表示で警告するドライバー疲労検知システム「ファティーグ・ディテクション」が全車に標準装備される。
ドライバーのステアリング操作から集中力の低下を検知し、アラーム音と表示で警告するドライバー疲労検知システム「ファティーグ・ディテクション」が全車に標準装備される。
写真は、ナッパレザーが標準装備される「ヴァリアントTSIハイライン」のリアシート。コンフォートラインでは、シート生地がファブリックとなる。
写真は、ナッパレザーが標準装備される「ヴァリアントTSIハイライン」のリアシート。コンフォートラインでは、シート生地がファブリックとなる。
【スペック】パサートヴァリアントTSIハイライン:全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=396万円(テスト車=435万9000円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円/RNS510=24万1500円)
【スペック】パサートヴァリアントTSIハイライン:全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=396万円(テスト車=435万9000円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円/RNS510=24万1500円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る