クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】パサートTSIハイライン:全長×全幅×全高=4785×1820×1490mm/ホイールベース=2710mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=374万円(テスト車=402万3500円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円/電動ガラススライディングルーフ=12万6000円)

フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント【試乗速報】

ゴルフより低燃費 2011.05.19 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/7AT)/パサートヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)
……402万3500円/435万9000円

7世代目となる新型「パサート」の売りはずばり、燃費性能。大柄なボディに組み合わされるのは、なんと、1.4リッターエンジンだ。
それで、ちゃんと走るのか!?

ゴルフ、ピンチ!?

「パサート」は「最も玄人好みのフォルクスワーゲン」である。新型のプレゼンでフォルクスワーゲン・ジャパンの人がそう言ってたのだから間違いない。たしかに、同窓会で会った旧友のマイカーが「ゴルフ」なら“スルー”かも知れないが、「パサートに乗ってる」と言われたら、ワケを知りたくなる。いちばんミーハーじゃないガイシャをなにゆえ選んだのか、じっくり聞き出してみたい、と思うのはぼくだけだろうか。

パサートが7代目になった。海外ではフェイスリフトと報道するメディアもあるが、フォルクスワーゲンは2006年以来のフルチェンジと言っている。ボディのフォルムもサイズもほとんど変わっていないが、ルーフ以外の外板は一新されている。なにより一目瞭然(りょうぜん)なのは、セダンもワゴンも、水平基調の新しいVWマスクになったこと。元アウディ、その前はアルファ・ロメオで辣腕(らつわん)をふるった現フォルクスワーゲンのデザインチーフ、ワルター・ダ・シルヴァの“顔”である。

今回デビューしたのは4気筒モデルのセダンとヴァリアント(ワゴン)だが、最大のニュースはそのエンジンで、これまでの2リッター/1.8リッターから1.4リッターに変更された。122psの直噴ターボユニットは「ゴルフ コンフォートライン」用と同じ。ただし、ゴルフにはないアイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムが標準装備され、おかげで、10・15モード燃費(18.4km/リッター)は、Dセグメント輸入車ナンバーワンはもちろんのこと、「ゴルフ コンフォートライン」(16.4km/リッター)さえもしのぐ。つまり、ゴルフと同じエンジンを積む、ゴルフより燃費のいい中型フォルクスワーゲンである。

ドライバーのステアリング操作から集中力の低下を検知し、アラーム音と表示で警告するドライバー疲労検知システム「ファティーグ・ディテクション」が全車に標準装備される。
ドライバーのステアリング操作から集中力の低下を検知し、アラーム音と表示で警告するドライバー疲労検知システム「ファティーグ・ディテクション」が全車に標準装備される。 拡大
写真は、ナッパレザーが標準装備される「ヴァリアントTSIハイライン」のリアシート。コンフォートラインでは、シート生地がファブリックとなる。
写真は、ナッパレザーが標準装備される「ヴァリアントTSIハイライン」のリアシート。コンフォートラインでは、シート生地がファブリックとなる。 拡大
【スペック】パサートヴァリアントTSIハイライン:全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=396万円(テスト車=435万9000円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円/RNS510=24万1500円)
【スペック】パサートヴァリアントTSIハイライン:全長×全幅×全高=4785×1820×1530mm/ホイールベース=2710mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=396万円(テスト車=435万9000円/バイキセノンヘッドライト=15万7500円/RNS510=24万1500円) 拡大

車重を忘れる身のこなし

エンジンのダウンサイジングもあって、新型パサート(セダンで1430kg)は先代の1.8リッターモデルと比べても10kg軽い。とはいえ、同じ1.4リッターターボを積むゴルフよりは140kg重い。果たしてそれで“走る”のか、というのが今回の大きな興味だろう。

結論は、まったくノープロブレムである。セダンよりさらに40kg重いワゴンは、高速の追い越しで今ひとつパンチに欠けるきらいはあったが、セダンはむしろフツーに速い。

変速機はパサート初お目見えの7段DSG。ツインクラッチならではの素早い変速も効いているが、なにより1.4リッターターボのトルク特性が軽快さのみなもとだ。とくに発進時はグワッと力強く立ち上がって、素早くスピードに乗せる。0-400mではなく、0-40mで決着をつけてしまうのは、ゴルフ譲りの速さである。

アイドリングストップ機構の完成度は高い。静かにストップし、発進時の再始動ももたつかない。「アウディA1」のアイドリングストップ/スタートよりうまいし、「BMW M3」や「ポルシェ・パナメーラ」のようにキャンセルスイッチに手を伸ばしたくなるようなことは一度もなかった。ただし、アイドリングストップすると、パワーアシストのきれたステアリングがロックしたように重くなっている。心臓に悪いというか、クルマに見放されたみたいであまり気持ちのいいものではない。

1.4リッターTSI+7段DSG、それに“ブルーモーション”技術の全車標準装備化により、10・15モード燃費18.4km/リッターを実現した。
1.4リッターTSI+7段DSG、それに“ブルーモーション”技術の全車標準装備化により、10・15モード燃費18.4km/リッターを実現した。 拡大
座面と背もたれにボーダーライン入りのインサートを施した、パサート伝統のシートを継承。写真はセダン「TSIハイライン」のもの。
座面と背もたれにボーダーライン入りのインサートを施した、パサート伝統のシートを継承。写真はセダン「TSIハイライン」のもの。 拡大
内装色は、ファブリック仕様(コンフォートライン)がブラックのみ。レザー仕様(ハイライン)には、ブラック、デザートベージュ、ナチュラルブラウン、バッファローの4色が設定される。
内装色は、ファブリック仕様(コンフォートライン)がブラックのみ。レザー仕様(ハイライン)には、ブラック、デザートベージュ、ナチュラルブラウン、バッファローの4色が設定される。 拡大
 
フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント【試乗速報】の画像 拡大

車内も玄人好み

新型パサートの乗車感をひとことで言えば、やはり「大きなゴルフ」である。試乗車はセダンもワゴンも「コンフォートライン」より50万円高い「ハイライン」だったので、なおさらプレミアム感があった。といっても、派手になりすぎないのがパサートの伝統だ。プレミアムでもけっしてはしゃぎすぎない。高級というよりも「上質」という言葉が似合う。

ヴァリアントはセダンの20万円高。ワゴンといっても、ゴルフの場合と違ってボディ全長はセダンと同じである。リアオーバーハングを延ばす手当てはしていない。それでも、後席を畳めば、荷室奥行きはカーペットの上だけで175cmある。より大柄な「ボルボV70」より広い。そんなところも実質的だ。

自慢の燃費については、今回、満タン法でチェックすることはできなかった。だが、セダンで混んだ都心を抜け、郊外まで一般道を約50km走ったところ、車載燃費計はその区間の平均を11.5km/リッターと表示した。全長4.8mに迫るプレミアムセダンの燃費というよりも、やはり“1.4リッター車”の経済性を感じさせる。燃料タンクはゴルフ(55リッター)より大きい70リッター入りだから、航続距離も長い。

でも、「ゴルフより低燃費」という新型パサートのサプライズは、プレゼンテーションではそれほど強調されなかった。そりゃそうだ、それじゃゴルフの立つ瀬がない。しかし、ときに商品ヒエラルキーを無視して、売る側を戸惑わせるほどまじめにカイゼンを進めてくる。そういうところも実直なパサートの持ち味だろう。

(文=下野康史/写真=荒川正幸)

新型パサートでは、全車がブルーモーション仕様(アイドリングストップとブレーキエネルギー回生装置システム付き)となった。
新型パサートでは、全車がブルーモーション仕様(アイドリングストップとブレーキエネルギー回生装置システム付き)となった。 拡大
「コンフォートライン」と「ハイライン」では、装備は異なるものの、パワートレインやサスペンションの設定は共通。タイヤサイズは「コンフォートライン」が215/55R16、「ハイライン」は235/45R17となる。
「コンフォートライン」と「ハイライン」では、装備は異なるものの、パワートレインやサスペンションの設定は共通。タイヤサイズは「コンフォートライン」が215/55R16、「ハイライン」は235/45R17となる。 拡大
画像をクリックすると、シートアレンジが見られます。
画像をクリックすると、シートアレンジが見られます。 拡大

関連キーワード:
パサートパサートヴァリアントフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事