【スペック】全長×全幅×全高=4246×1782×1423mm/ホイールベース=2578mm/車重=1503kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(160ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4500rpm)(欧州仕様車)

フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【海外試乗記】

開けてビックリ 2011.05.18 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)

幌式のルーフをまとって“復活”した、「フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ」。新型の走りを南仏ニースからリポートする。

想定外の復活劇

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の人気モデルといえば、ホットハッチの「GTI」にトドメを刺すが、オープンカー好きの私としては、“隙あればゴルフカブリオレ”とばかりにチャンスの到来を狙っている。家族持ちにとってはなかなかハードルの高い願いなのだが、それ以前に「ゴルフカブリオレ」が新車で買えないというところに問題があった。

ゴルフカブリオレは、空冷の「ビートルカブリオレ」の後継モデルとして「ゴルフI」をベースに1979年に登場。その後1993年に「ゴルフIII」をベースとした第2世代が、そして1998年には2代目を化粧直しした“ゴルフIVルック”の第3世代が発売されている。とはいっても、3代目はビッグマイナーのようなものだから、ファンとしては奇数世代の「ゴルフV」のモデルサイクルで、新型「ゴルフカブリオレ」が登場すると信じていた。

ところが、折しもクーペカブリオレが流行し、フォルクスワーゲンとしてもリトラクタブルハードトップタイプのオープンカーが欲しいということから、2006年に「イオス」を投入。この時点でゴルフカブリオレの歴史は幕を閉じてしまった。しかし、蓋を開けてみると、ひとクラス上のイオスではなく、より身近でカジュアルなゴルフカブリオレへのラブコールはやむことなく、フォルクスワーゲンとしてもこの声を無視することができなかった。そこで「ゴルフVI」をベースに生まれたのがこの新型ゴルフカブリオレというわけだ。

試乗会場では、最新の「ゴルフカブリオレ」とともに、その初代モデル(写真手前)も並べられた。
フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【海外試乗記】
フォルクスワーゲンらしいデザインでまとめられた、新型「ゴルフカブリオレ」の運転席まわり。
フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【海外試乗記】

フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【海外試乗記】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る