「GT-R Club Track edition」がオーナーの手に

2011.05.18 自動車ニュース
「GT-R Club Track edition」初イベント開催

サーキット専用車「GT-R Club Track edition」引き渡し式&レーシングスクール開催

2011年5月14日、千葉県の「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」にて「日産GT-R」のサーキット走行専用車「クラブトラックエディション」のオーナーへの引き渡しを兼ねた、第1回レーシングスクールが開催された。

サーキット専用車らしく、タイヤは“溝なし”。グリップ優先のスリックタイヤ(!)を履く。
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催
ご覧のとおり、走ることだけを考えた戦闘的なインテリア。オーナーが選ぶオプションにより、シートなどの仕様は変わる。
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催
車両本体価格は、基準車の4点式ロールケージ仕様が1047万9000円、6点式ロールケージ仕様は1113万円となる。
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催

■単なるサーキット専用車ではない

「納車までは受注後3〜4カ月程度かかります」
「クラブトラックエディション」は、2010年10月に実施された「日産GT-R」のマイナーチェンジで、ゴージャスな「エゴイスト」とともに追加されたサーキット走行専用車。販売を担当するニスモのオフィシャルサイトには、このクルマを紹介するページの片隅に、小さな文字でこう記されていた。

その言葉どおり、クラブトラックエディションは2011年3月に、オーナーを招いて引き渡し式を行う予定だった。それが延期されたのは、言うまでもなく東日本大震災が理由である。そして今回、5月14日に千葉県の「袖ケ浦フォレストレースウェイ」で、仕切り直しのイベントが行われた。

いま一度クラブトラックエディションの説明をしておくと、それは単なるサーキット専用車ではない。4点式ロールケージ、6点式シートベルト、跳ね上げ式ステアリングホイール、専用コンピューター(エンジン/トランスミッション/ABS/VDC)、前後デフクーラー、ビルシュタイン製専用ショックアブソーバー、スリックタイヤ、フロントリップスポイラーなど、走りを極めるための装備に抜かりはない。
そのうえでメンテナンスや車両保管/輸送、ショートレースを含めた年5回(今年のみ6回)のレーシングスクールといったソフトウェアも込みで提供するなど、従来の国産スポーツカーには見られない提案を行っている。ちなみに車両価格は約1000万円、スクール年会費は200万円、保管委託料は100万円になる。

「GT-Rクラブトラックエディション」専用ゴールドキーと、オーナーの名前が入ったレーシングスクールのキャップ。
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催

■クラブトラックエディション限定のゴールドキー

一方で販売はニスモ、ノバエンジニアリング、ノルドリンクの特約サービス工場3社でしか行われないという、スタンダードの「GT-R」以上に厳格な態勢を敷いているのも特徴になっている。
この日参加したオーナーは6名。まずコントロールハウス2階で、開会式とオリエンテーションが行われた。残念ながら開発責任者の水野和敏氏は欠席だったが、代わりにビデオレターでメッセージを寄せた。
「クラブトラックエディションは、人の心と一体になって感動が味わえるクルマです。メンバー間の親睦を深め、人生を豊かにしてほしいと考えています」
その後、水野氏が考えたというゴールドのキー! と名前入りキャップを手渡されたオーナーたちは、レーシングスーツに着替えると、ピットに並べられた愛車に乗り込み、次々にコースインした。

サーキット走行は昼食や休憩を挟んで4回も実施されたが、オーナーたちは時間をフルに使って走り込んでいた。それどころか、すでに他のサーキットイベントで走り初めを終え、タイヤを履き替えていた人さえいた。“公道を走れないGT-R”を買うオーナーは、予想を上回る猛者ぞろいだった。

いよいよ実走行。その前にコース概要や走行時の注意点などの説明を受ける。
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催

「GT-R Club Track edition」初のイベント開催
このドライビングレッスンでは、1年間を通して同じインストラクターがつき、レベルに合わせたアドバイスを受けることができる。そして年の最後には富士スピードウェイで行われる「NISMOフェスティバル」のショートレースに出場する。
「GT-R Club Track edition」初のイベント開催

■走りに徹するイベント

車両にはビデオカメラやデータロガー、ラップセンサーが搭載してあり、講師の並走と合わせて各車の走りを入念にチェック。休憩時間中には、チーフインストラクターである鈴木利男氏をはじめとする講師陣からアドバイスを受けていた。
この日は初回ということで、ショートレースは次回以降に持ち越され、クルマに慣れることに重点が置かれたが、「世界一のGT-R使い」から直接教えを受けられることは、何物にも変えがたい経験になるはずだ。

ロードスター・パーティレースに出場経験があるという参加者のひとりは、メーカーによってオーガナイズされたメニューであることに価値があるといい、共通の趣味を持つ人たちとのコミュニケーションが楽しみだと語っていた。こちらが気にしていた費用についても、車格や内容を考えればリーズナブルであると断言していた。

輸入スポーツカーのサーキットイベントに比べると、華やかさに欠ける印象もある。でもオーナーたちは皆、生活に余裕があるだろうから、そういう会にも足を運んでいるはず。いうなれば「使い分け」ができる方々である。それを考えれば、走りに徹したこのメニューは、GT-Rの個性を反映したものといえるだろう。

ちなみに日産のGT-Rウェブカタログでは、「おもてなし」のコーナーでGT-Rクラブトラックエディションを紹介している。実に水野氏らしい“おもてなし”である。

(文=森口将之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る