「アウディA7スポーツバック」が日本上陸

2011.05.17 自動車ニュース

「アウディA7スポーツバック」が日本上陸

「アウディA7スポーツバック」が日本上陸

アウディジャパンは2011年5月17日、大型5ドアハッチバックの「A7スポーツバック」を発表。同日販売を開始した。

速度などをフロントウィンドウに投影する「ヘッドアップディスプレー」(オプション)は、アウディ初採用の装備となる。
速度などをフロントウィンドウに投影する「ヘッドアップディスプレー」(オプション)は、アウディ初採用の装備となる。 拡大
ホイールベースは2915mmで、これもA8とA6の中間のサイズ。
ホイールベースは2915mmで、これもA8とA6の中間のサイズ。 拡大

2010年8月に本国ドイツで発表された「A7スポーツバック」。クーペのスポーティさとセダンのプレステージ性、そしてアバント(ステーションワゴン)の実用性を兼ね備えた“4ドアクーペ”ふうの5ドアハッチバックである。なだらかな弧を描くルーフがエレガントな雰囲気を演出し、一方で、精密なプレスラインと引き締まった面構成がスタイリングにシャープな表情を与えている。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4990×1910×1430mmと、「A8」と「A6」のちょうど中間に位置する大きさだ。ボディの骨格部にはA8のアルミスペースフレームではなく、独自のスチールモノコックを採用し、ドア、ボンネット、テールゲートなどのアウターパネルや、フロントサスペンションアッパーマウントなどがアルミとなる。アルミの使用率はボディ全体の20%以上にのぼり、全スチール製と比較した場合、約15%軽量に仕上がっているという。

リアのラゲッジスペースは、後席のシートバックを起こした状態で535リッター、倒せば1390リッターにまで拡大できる。シートバックは60:40の分割可倒式。テールゲートはパワークロージング機構を装備しており、ワンタッチ操作で開閉が可能だ。


「アウディA7スポーツバック」が日本上陸の画像 拡大
A7スポーツバックが採用するスーパーチャージャー付きの3リッターV6は、「A8」に搭載されるものと同型ながら、最高出力は10ps、最大トルクは2.1kgm高められ、300ps/5250-6500rpmと44.9kgm/2900-4500rpmのパフォーマンス。10・15モード燃費は10.2km/リッターを記録する。
A7スポーツバックが採用するスーパーチャージャー付きの3リッターV6は、「A8」に搭載されるものと同型ながら、最高出力は10ps、最大トルクは2.1kgm高められ、300ps/5250-6500rpmと44.9kgm/2900-4500rpmのパフォーマンス。10・15モード燃費は10.2km/リッターを記録する。 拡大
ラゲッジルームはカーペット素材とトリムで覆われる。ハッチゲートにはワンタッチで閉まる「パワークロージング」が備わる。
ラゲッジルームはカーペット素材とトリムで覆われる。ハッチゲートにはワンタッチで閉まる「パワークロージング」が備わる。 拡大

一方インテリアでは、ダッシュボードデザインにアウディの他モデルにも見られる「ラップアラウンド」と呼ばれる手法が用いられている。これはベルトラインがダッシュボード上面で水平にキャビンを取り囲み、ドアトリムへつながるもの。ヨットのベルトラインをモチーフにしている。高品質なミラノレザーシート、タッチパッドと8インチの大型液晶モニターを備える最新世代の「MMI(マルチメディアインターフェイス)」「BOSEサラウンドサウンドシステム」を標準とするなど、装備は充実している。

搭載されるエンジンは、300psを発生する3リッターV6直噴スーパーチャージャー付きガソリンユニットのみ。これにデュアルクラッチトランスミッション「7段Sトロニック」と、軽量化とレスポンスの向上を実現したクラウンギア式センターデフを採用したクワトロ4WDシステムが組み合わされる(グレード名は「3.0 TFSI」)。また、スタートストップシステムやエネルギー回生機構も搭載され、環境性能にも配慮が払われている。

ボディカラーは全10色を用意。右ハンドルのみの設定で、価格は879万円とされた。年間1000台の販売を目指す。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
A7スポーツバックアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る