「アウディA7スポーツバック」が日本上陸

2011.05.17 自動車ニュース

「アウディA7スポーツバック」が日本上陸

「アウディA7スポーツバック」が日本上陸

アウディジャパンは2011年5月17日、大型5ドアハッチバックの「A7スポーツバック」を発表。同日販売を開始した。

速度などをフロントウィンドウに投影する「ヘッドアップディスプレー」(オプション)は、アウディ初採用の装備となる。
速度などをフロントウィンドウに投影する「ヘッドアップディスプレー」(オプション)は、アウディ初採用の装備となる。
ホイールベースは2915mmで、これもA8とA6の中間のサイズ。
ホイールベースは2915mmで、これもA8とA6の中間のサイズ。

2010年8月に本国ドイツで発表された「A7スポーツバック」。クーペのスポーティさとセダンのプレステージ性、そしてアバント(ステーションワゴン)の実用性を兼ね備えた“4ドアクーペ”ふうの5ドアハッチバックである。なだらかな弧を描くルーフがエレガントな雰囲気を演出し、一方で、精密なプレスラインと引き締まった面構成がスタイリングにシャープな表情を与えている。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4990×1910×1430mmと、「A8」と「A6」のちょうど中間に位置する大きさだ。ボディの骨格部にはA8のアルミスペースフレームではなく、独自のスチールモノコックを採用し、ドア、ボンネット、テールゲートなどのアウターパネルや、フロントサスペンションアッパーマウントなどがアルミとなる。アルミの使用率はボディ全体の20%以上にのぼり、全スチール製と比較した場合、約15%軽量に仕上がっているという。

リアのラゲッジスペースは、後席のシートバックを起こした状態で535リッター、倒せば1390リッターにまで拡大できる。シートバックは60:40の分割可倒式。テールゲートはパワークロージング機構を装備しており、ワンタッチ操作で開閉が可能だ。


「アウディA7スポーツバック」が日本上陸の画像
A7スポーツバックが採用するスーパーチャージャー付きの3リッターV6は、「A8」に搭載されるものと同型ながら、最高出力は10ps、最大トルクは2.1kgm高められ、300ps/5250-6500rpmと44.9kgm/2900-4500rpmのパフォーマンス。10・15モード燃費は10.2km/リッターを記録する。
A7スポーツバックが採用するスーパーチャージャー付きの3リッターV6は、「A8」に搭載されるものと同型ながら、最高出力は10ps、最大トルクは2.1kgm高められ、300ps/5250-6500rpmと44.9kgm/2900-4500rpmのパフォーマンス。10・15モード燃費は10.2km/リッターを記録する。
ラゲッジルームはカーペット素材とトリムで覆われる。ハッチゲートにはワンタッチで閉まる「パワークロージング」が備わる。
ラゲッジルームはカーペット素材とトリムで覆われる。ハッチゲートにはワンタッチで閉まる「パワークロージング」が備わる。

一方インテリアでは、ダッシュボードデザインにアウディの他モデルにも見られる「ラップアラウンド」と呼ばれる手法が用いられている。これはベルトラインがダッシュボード上面で水平にキャビンを取り囲み、ドアトリムへつながるもの。ヨットのベルトラインをモチーフにしている。高品質なミラノレザーシート、タッチパッドと8インチの大型液晶モニターを備える最新世代の「MMI(マルチメディアインターフェイス)」「BOSEサラウンドサウンドシステム」を標準とするなど、装備は充実している。

搭載されるエンジンは、300psを発生する3リッターV6直噴スーパーチャージャー付きガソリンユニットのみ。これにデュアルクラッチトランスミッション「7段Sトロニック」と、軽量化とレスポンスの向上を実現したクラウンギア式センターデフを採用したクワトロ4WDシステムが組み合わされる(グレード名は「3.0 TFSI」)。また、スタートストップシステムやエネルギー回生機構も搭載され、環境性能にも配慮が払われている。

ボディカラーは全10色を用意。右ハンドルのみの設定で、価格は879万円とされた。年間1000台の販売を目指す。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る