【スペック】全長×全幅×全高=4545×1815×1420mm/ホイールベース=2760mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブツインターボ(410ps/6000rpm、55.1kgm/4500rpm)/価格=999万円(テスト車=1060万8000円/ボディーカラー”アルピナブルー”=39万7000円/電動ガラスサンルーフ=17万円/リアローラーブラインド=5万1000円)

アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)【試乗記】

ブレのないしなやかさ 2011.05.16 試乗記 アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)
……1060万8000円
「BMW3シリーズ」ベースのプレミアムスポーツ「アルピナB3 Sビターボ」。3月に仕様変更を受けたばかりの最新モデルを試した。

大幅な“企業努力”

タコメーターの針が4000rpmに達したあたりで、「B3 Sビターボ」のストレートシックスは硬く締まった、耳に心地よい響きを伝えてきた。その“密度感”はベースとなったBMWのストレートシックス以上である。スロットルのレスポンスもターボユニットとは思えぬほど敏感で、ドライバーとクルマの間にとても緊密なコミュニケーションが成立している。だから、たった40km/hで走っていても楽しい。いい意味の緊張感がある。走らされているような気分になるクルマが多いなか、こんな気持ちになるのは、久しぶりのことである。

去る2011年3月に「B3 Sビターボ」が仕様変更を受けた。その内容をここでもう一度まとめておくと、今回新たにアルピナLAVALINAレザーのステアリングホイール、iDrive ナビゲーションパッケージ2(電話接続タイプ)、420Wで13個のスピーカーが装着されるハーマンカードンのサラウンド・サウンドシステム、そして19インチタイヤが標準装備とされた。これらの装備は合計で84万6000円に相当するが、価格は据え置きの999万円にとどめられた。

また同じ機会に、装備を省いて価格を抑えたエントリーグレード「B3ビターボ」が登場した。大きなところでは、レザーインテリア、ウッドトリム、iDriveナビゲーションシステムなどがオプション扱いとなり、タイヤも19インチではなく18インチが標準となる。こちらの価格は887万円。純粋にBMWアルピナの走りを楽しみたい人には魅力的なモデルだろう。


アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)【試乗記】の画像

アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)【試乗記】の画像
足元には、新デザイン「ALPINA CLASSIC(Styling III)」の19インチホイールが装着される。タイヤサイズは、フロントが245/35ZR19、リアは265/35ZR19。
足元には、新デザイン「ALPINA CLASSIC(Styling III)」の19インチホイールが装着される。タイヤサイズは、フロントが245/35ZR19、リアは265/35ZR19。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
ホームへ戻る