【スペック】全長×全幅×全高=3380×1575×1115mm/ホイールベース=2225mm/車重=550kg/駆動方式=FR/2リッター直4 DOHC16バルブ(175ps/7200rpm)/価格=493万5000円(テスト車=532万1900円)

ケータハム7 ロードスポーツ300(FR/5MT)【試乗記】

征服感を満たすもの 2011.05.15 試乗記 ケータハム7 ロードスポーツ300(FR/5MT)
……532万1900円

英国生まれの伝統的スポーツカー「ケータハム7」に試乗。シンプルでユニークな車体がもたらす、その走行フィーリングをリポートする。

いま乗れるよろこび

“スーパー7”との邂逅(かいこう)は、懐かしくもある。
現代の排ガス規制をクリアできても、ボディの安全性などは難しい問題だ。当時の姿のまま、今この時代に生き延びていること自体が奇跡に近い。これも先人が築きあげてきた過去の実績や、あくまで公道で乗ろうとするエンスージアストの情熱が実を結んだ結果だろう。
その昔、『CAR GRAPHIC』誌の編集部にいたころ、いろいろなスーパー7をよくテストしたことを思い出す。

パワーをどんなに上げていっても、一向に伸びない最高速度や縮まらない0-400mのタイム。空気抵抗の大きさは、エンジンの回転数とギア比の計算値から得られる“可能性”を証明させない。軽い重量は、トラクションをも減殺する。だから、平坦路よりもバンク内の縦Gが掛かった状態のほうが速い場合もあった。「軽ければ軽いほど加速がいい」とは言えないのだ。某誌の企画でカリカリのスペシャルバージョンをテストした際、そのチューナーはタイムの計測結果に疑問を持ち、「おかしいな?……」と言って自分で乗り込み、ついに生け垣の中に突っ込んでしまったこともあった。

タンクのガソリンはミニマム、スペアタイヤも外してあったが、それらはマイナス要素でしかない。事情を聞いてガス満タン、スペアタイヤだけでなく2名乗車で計測したら、そこから簡単に1秒、計測タイムは縮まった。また、1速2速など、低いギアで目一杯引っ張ればいいってもんでもない。「早めに3速に入れて、400m通過付近で160km/hを超える」という辺りが一番速かったと記憶する。

極めてシンプルなインストゥルメントパネル。メーター類と横並びに、ウインカーやワイパー、ヘッドランプなどのスイッチが置かれる。レザーシート(合成皮革)は、8万2800円のオプション。
ケータハム7 ロードスポーツ300(FR/5MT)【短評】
「ケータハム7」の元祖は、1957年に誕生した「ロータス7(セブン)」。1973年にその製造権がロータスからケータハムへと移ってからも、オリジナルの製法を踏襲しつつ、今日に至るまで造り続けられている。“スーパー7”の通り名で知られる。
ケータハム7 ロードスポーツ300(FR/5MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。