第193回:イタリア公用車は国産車がボロ負け! その理由は?

2011.05.14 エッセイ

第193回:イタリア公用車は国産車がボロ負け! その理由は?

「アウト・ブルー」

イタリアでは運転士付きのクルマを「アウト・ブルー(auto blu)」という。「blu」は英語の「blue」だが、イタリア語のbluには「高貴な」という意味があり、直訳すれば「高貴なクルマ」ということになる。
アウト・ブルーは、広義では運転士付き観光レンタカーまで含むことがあるが、一般的には「政治家やお役人が後席に乗る公用車」を指すことが多い。今週のお題は、このアウト・ブルーだ。

今週イタリアの民放テレビ局カナーレ5の「TG5ニュース」では、このアウト・ブルーを二夜にわたって採り上げた。内容は、以下のようなものだった。
レナート・ブルネッタ行政イノベーション担当大臣の諮問機関がまとめたレポートによると、最も大きな税金の無駄遣いのひとつは、ずばり「公用車」である。イタリアには国家機関のものだけで8万6000台の公用車がある。

内訳は
・制度上、正規に定められている運転士付き公用車/5000台
・管理職公務員用の運転士付き/1万台
・運転士なしの公用車(アウト・グリージャ=グレーのクルマと呼ばれている)/7万1000台。

これらの購入・リース・運転士の給与・整備維持などのために年間10億ユーロ(1150億円!)が使われているという。

ボクが発見した別の調査結果では、アメリカ合衆国と比較した場合、イタリアは人口が5分の1なのにもかかわらず、公用車の数は10倍にのぼるらしい。運転士なしの公用車の数からすれば少ないが、イタリア国民の目につきやすいのは、やはり運転士付きの公用車「アウト・ブルー」だ。大抵は青色回転灯をつけた護衛車を前後につけ、一般車を蹴散らしながら第3車線を高速で走り抜けてゆく。まさに大名行列である。ボクもアウトストラーダを走っていると、かなり頻繁にアウト・ブルーに出くわす。

それを見るたびボクは「これでは、鉄道や空港などのインフラ整備について、他の欧州諸国より遅れているという現実を、政治家や役人はわからないだろうな」と思う。
だが同時に、幹線こそ発達しているものの、地方行きはいきなりダメになる鉄道網ゆえ「クルマを使わなければ、とてもじゃないけど公務が務まらないだろうな」という同情的な目も個人的には向けている。

公用車「アウト・ブルー」が並ぶ一角。
公用車「アウト・ブルー」が並ぶ一角。
アウト・ブルーの護衛車が付ける青色回転灯。
アウト・ブルーの護衛車が付ける青色回転灯。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。