パナメーラSハイブリッド、6月に予約受注開始

2011.05.13 自動車ニュース

「ポルシェ・パナメーラSハイブリッド」の予約受注開始

ポルシェ、「パナメーラSハイブリッド」の予約受注を開始

ポルシェジャパンは、4ドアサルーン「パナメーラ」のハイブリッド版「パナメーラSハイブリッド」の予約受注を、2011年6月1日から開始すると発表した。


「ポルシェ・パナメーラSハイブリッド」の予約受注開始

2011年3月のジュネーブショーでデビューした「パナメーラSハイブリッド」の販売が、早くも日本でスタートする。

同車は「カイエンSハイブリッド」と共通のパラレル式ハイブリッドシステム、すなわちスーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン(333ps)に電気モーター(47ps)が組み合わされたものを搭載する。エンジンとモーターをあわせたシステム最高出力は380psを発生。0-100km/h加速が6.0秒、最高速度は270km/hに達するというパフォーマンスを持つ。トランスミッションは8段ティプトロニックS。
同車専用に開発されたというオプションタイヤを装着することで、6.8リッター/100km(14.7km/リッター)の燃費を記録する(欧州NEDCモード)。

価格は1483万円で、「パナメーラ4S」(1436万円)を超え、シリーズで最も高いプライスタグが下げられた。ハンドル位置は左右両方が用意される。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
ホームへ戻る