トヨタの新型ハイブリッド「プリウスα」発売

2011.05.13 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスα」
トヨタの新型ハイブリッド「プリウスα」発売

トヨタの新型ハイブリッド「プリウスα」発売

トヨタ自動車は2011年5月13日、新型のハイブリッドカー「プリウスα(アルファ)」を発売した。

 
トヨタの新型ハイブリッド「プリウスα」発売の画像
「プリウス」と異なり、左右対称なデザインとされたインストゥルメントパネル。
「プリウス」と異なり、左右対称なデザインとされたインストゥルメントパネル。
2列目と3列目の様子(7人乗り仕様車)。
2列目と3列目の様子(7人乗り仕様車)。

■さらに家族向きな「プリウス」

「プリウスα」は、“7人乗りプリウス”ともいうべき、新型のハイブリッドカーだ。今年3月に「プリウス スペース コンセプト」の名でプリプロダクトモデルが公開され、2011年4月下旬の発売が予告されていたこのモデル。東日本大震災により生産に影響が出たため、このたび約3週間遅れで世に出されることとなった。

人気モデルの「プリウス」を思わせるボディは、当のプリウスよりひとまわり大きなサイズ(全長×全幅×全高=4615×1775×1575mm、ホイールベース=2780mm)で、3列シートの7人乗り仕様車と2列シートの5人乗り仕様車が用意される。

インテリアは、座席数のみならず、左右対称なインストゥルメントパネルやセパレート式のセンターコンソールなどデザインもプリウスと異なるものに。ファミリー層を意識して、ややコンサバティブな仕立てとされた。

後ろに行くにしたがって45mmずつ高くなるシート、プリウスより拡大された2列目のニースペース、さらに、縦横10cm近く拡大された開口部など、使い勝手のよさも自慢。
(フル乗車時の)荷室容量も、7人乗り仕様で200リッター、5人乗り仕様で535リッターが確保され、ともに後半の座席を倒すことでスペースを広げられるのはもちろん、床下にも予備の収納スペース(60リッター)が設けられる。
遮音材や吸音材の配置を改めたり、樹脂製の大型パノラマルーフを用意するなどして、快適性を追求したのもポイントだ。

いっぽう、心臓部は1.8リッターガソリンエンジン(99ps、14.5kgm)を電気モーター(82ps、21.1kgm)がアシストする「THS II」(トヨタハイブリッドシステムII)で、基本的にプリウスと変わらず。駆動方式も同様にFFのみとなる。

荷室のフロア下には、予備の収納スペースも用意される。
荷室のフロア下には、予備の収納スペースも用意される。
エンジンルーム。パワーユニットは「プリウス」のそれをベースとしながら、発進加速に不満を感じぬようエンジンのギア比やモーターの出力特性が変更されている。
エンジンルーム。パワーユニットは「プリウス」のそれをベースとしながら、発進加速に不満を感じぬようエンジンのギア比やモーターの出力特性が変更されている。
 
トヨタの新型ハイブリッド「プリウスα」発売の画像

価格は、「S“L セレクション”」(5人乗り仕様車)の235万円から、「G“ツーリングセレクション・スカイライトパッケージ”」(7人乗り仕様車)の330万5000円まで。月間の目標販売台数は3000台だが、「すでに受注が殺到しており、発売と同時に納車1年待ち」というディーラーの声も聞かれる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスαの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る