【スペック】全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=449万円(テスト車=504万円/レザーパッケージ=30万円/セーフティパッケージ=25万円)

ボルボV70 DRIVe(FF/6AT)【試乗記】

これで十分! 2011.05.13 試乗記 ボルボV70 DRIVe(FF/6AT)
……504万円
ダウンサイジングの波に乗り、ボルボの基幹モデル「V70」が1.6リッターエンジンを搭載。余裕がウリの、大型ワゴンの走りはどう変わった?

初の直4、しかもテンロク

ボルボを代表するエステートといえば「V70」である。ゆったりとしたサイズのボディに、何でも飲み込んでしまいそうなゆとりあるカーゴスペースが、このクルマのアイデンティティといえるのだが、そんな余裕がウリのV70が“ダウンサイジング”へと動いた。といっても、もちろんボディが小さくなるわけではなく、エンジンの排気量を小さくするという意味でのダウンサイジングだ。

これまでのV70といえば、直列5気筒、あるいは直列6気筒エンジンを横置きにするというのが、ひとつの伝統だったが、2011年2月に追加された二つのグレードには、V70として初めて直列4気筒エンジンが採用された。しかも、エントリーグレードの「DRIVe(ドライブイー)」では、排気量がわずか1.6リッターというのだから、そのドラスティックな変化に戸惑わずにはいられない。

排気量ダウンのねらいが燃費の向上であることは言うまでもなく、「V70 DRIVe」は、6段デュアルクラッチトランスミッションの「パワーシフト」を同時に手に入れることで、10・15モード燃費12.2km/リッターを達成し、エコカー減税(50%減税)対象車になったのである。


ボルボV70 DRIVe(FF/6AT)【試乗記】の画像
「レザーパッケージ」がオプション装備されたテスト車のインテリア。標準ではT-Tec/テキスタイルのシートとなる。
「レザーパッケージ」がオプション装備されたテスト車のインテリア。標準ではT-Tec/テキスタイルのシートとなる。
ボルボV70 DRIVe(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る