新型「CLS350」が、エコカー減税対象車に認定

2011.05.12 自動車ニュース

新型「CLS350 ブルーエフィシェンシー」、エコカー減税対象車に認定

メルセデス・ベンツ日本は2011年5月10日、4ドアクーペ「CLS350 ブルーエフィシェンシー」が、「平成21年度排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を国内で初めて取得し、エコカー減税対象車となったと発表した。

同車の搭載する新開発3.5リッターV6直噴エンジンは、最大圧力200barのピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システムを組み合わせた新世代の直噴システムを採用。アイドリングストップ機能とも組み合わされ、優れた動力性能と燃費経済性を両立したとうたわれるパワーユニットだ。

この結果、「CLS350 ブルーエフィシェンシー」は、「平成22年燃費基準+15%」の達成と合わせ、エコカー減税(自動車重量税、取得税50%減税)の対象となった。

また、一部オプション(ガラス・スライディングルーフまたはAMGスポーツパッケージ)装着車は「平成22年燃費基準+25%」を達成し、エコカー減税(75%)と、グリーン税制優遇制度(翌年度自動車税50%減税)の対象となっている。

「CLS350 ブルーエフィシェンシー」の価格は930万円。

(webCG)

関連キーワード:
CLSクーペメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る