新型「CLS350」が、エコカー減税対象車に認定

2011.05.12 自動車ニュース

新型「CLS350 ブルーエフィシェンシー」、エコカー減税対象車に認定

メルセデス・ベンツ日本は2011年5月10日、4ドアクーペ「CLS350 ブルーエフィシェンシー」が、「平成21年度排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を国内で初めて取得し、エコカー減税対象車となったと発表した。

同車の搭載する新開発3.5リッターV6直噴エンジンは、最大圧力200barのピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システムを組み合わせた新世代の直噴システムを採用。アイドリングストップ機能とも組み合わされ、優れた動力性能と燃費経済性を両立したとうたわれるパワーユニットだ。

この結果、「CLS350 ブルーエフィシェンシー」は、「平成22年燃費基準+15%」の達成と合わせ、エコカー減税(自動車重量税、取得税50%減税)の対象となった。

また、一部オプション(ガラス・スライディングルーフまたはAMGスポーツパッケージ)装着車は「平成22年燃費基準+25%」を達成し、エコカー減税(75%)と、グリーン税制優遇制度(翌年度自動車税50%減税)の対象となっている。

「CLS350 ブルーエフィシェンシー」の価格は930万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】デトロイトに彩りを添えた日本メーカー 2017.1.11 自動車ニュース 2017年1月8日に開幕した北米国際自動車ショー、通称デトロイトショーにおける、日本メーカーの様子をリポート。「レクサスLS」に「トヨタ・カムリ」「ホンダ・オデッセイ」など、話題のニューモデルが世界初公開された。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る