新型「CLS350」が、エコカー減税対象車に認定

2011.05.12 自動車ニュース

新型「CLS350 ブルーエフィシェンシー」、エコカー減税対象車に認定

メルセデス・ベンツ日本は2011年5月10日、4ドアクーペ「CLS350 ブルーエフィシェンシー」が、「平成21年度排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を国内で初めて取得し、エコカー減税対象車となったと発表した。

同車の搭載する新開発3.5リッターV6直噴エンジンは、最大圧力200barのピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システムを組み合わせた新世代の直噴システムを採用。アイドリングストップ機能とも組み合わされ、優れた動力性能と燃費経済性を両立したとうたわれるパワーユニットだ。

この結果、「CLS350 ブルーエフィシェンシー」は、「平成22年燃費基準+15%」の達成と合わせ、エコカー減税(自動車重量税、取得税50%減税)の対象となった。

また、一部オプション(ガラス・スライディングルーフまたはAMGスポーツパッケージ)装着車は「平成22年燃費基準+25%」を達成し、エコカー減税(75%)と、グリーン税制優遇制度(翌年度自動車税50%減税)の対象となっている。

「CLS350 ブルーエフィシェンシー」の価格は930万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • メルセデス・ベンツC200ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)【試乗記】 2015.2.16 試乗記 6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」に試乗。ワゴンボディーをまとうコンパクトメルセデスの「アジリティー」を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る