第3回:「ブーブー小説」を書く作家
助手席から人生を眺めたら?

2011.05.11 エッセイ

第3回:「ブーブー小説」を書く作家 助手席から人生を眺めたら?

クルマに詳しい人に違いない

このコーナーで初めて取り上げる小説は、長嶋有の作品にしようと決めていた。ちょうど『ぼくは落ち着きがない』が文庫化されるので、これがいい。と思ったのだけれど、重大な問題があったことに気づいてしまった。この小説の主人公は、女子高生。つまり、クルマが出てこない! クルマが登場する映画や小説についてあれこれ語っていこうという趣旨なのに、これではお話にならない。謹んでお詫びいたします。

ただ、言い訳をさせてもらえば、長嶋有という作家は、作品中で上手なクルマの使い方をするという印象が強いのだ。デビュー当時、文芸評論家の斎藤美奈子が「ブーブー小説」と名付けていたほどである。文學界新人賞を受賞した作品はタイトルからして『サイドカーに犬』で、中古車店が舞台になっている。竹内結子主演で映画化され、「箱スカ」や「ケンメリ」、「チンクエチェント」などがスクリーンに姿を見せていた。

そして、2002年に芥川賞を受賞したのが『猛スピードで母は』。冒頭からタイヤ交換のシーンで、「計四カ所あるナットのうち、対角線上の二カ所ずつを交互にしめないと均等に絞りきることができない」などと書いてある。そしてラストでは、母親が白い「ホンダ・シビック」で10台の「フォルクスワーゲン・ビートル」を追い越していく。これはたいそうクルマに詳しい人に違いない、と思い込んで、当時、自動車雑誌『NAVI』編集部にいた僕はすぐさまインタビューを申し込んだ。試乗車に「ニュービートルRSi」を用意して。

『ぼくは落ち着きがない』 (光文社文庫)
単行本では、登場人物たちのその後の物語が、カバーの裏に記載されていた。長嶋有という人は、こういう妙な読者サービスを好む。文庫版にはサプライズはあるのか?
『ぼくは落ち着きがない』 (光文社文庫)
単行本では、登場人物たちのその後の物語が、カバーの裏に記載されていた。長嶋有という人は、こういう妙な読者サービスを好む。文庫版にはサプライズはあるのか?
『サイドカーに犬』(DVD)
竹内結子のかっこよさが際立った。古田新太の愛人という、少々納得しにくい役柄だった。
『サイドカーに犬』(DVD)
竹内結子のかっこよさが際立った。古田新太の愛人という、少々納得しにくい役柄だった。
初代「ホンダ・シビック」
小説は1980年代初頭なので、「シビック」はすでに2代目になっている。しかし、どうやらあまり裕福ではない母子家庭なので、おそらく初代を中古で購入したのではないか。
初代「ホンダ・シビック」
小説は1980年代初頭なので、「シビック」はすでに2代目になっている。しかし、どうやらあまり裕福ではない母子家庭なので、おそらく初代を中古で購入したのではないか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。