【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1625mm/ホイールベース=2425mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/4000rpm)/価格=116万3400円(テスト車=同じ)

日産モコ X(FF/CVT)【ブリーフテスト】

日産モコ X(FF/CVT) 2011.05.11 試乗記 ……116万3400円
総合評価……★★★★

日産で最初の軽自動車「モコ」の3代目に試乗。いまの“軽”の使用実態を踏まえ、各部を細かくチェックした。

日産モコ X(FF/CVT)【ブリーフテスト】

本家はどちら?

今や5車種を数えるまでになった日産の軽自動車。その元祖「日産モコ」は、現行型でも引き続き「スズキMRワゴン」を“タネ車”にしている。両モデルはボディ、メカニズム、インテリアなど、車両の基本構成を共有しており、違いはフロント部のデザイン、シート地、専用ボディカラー「モコベリー」の設定(MRワゴンの「カシスピンクパールメタリック」よりやや明るめ)程度にとどまっている。ちなみに、新車販売台数で比較すると、モコの所帯の方が圧倒的に大きい。2010年度は約8割を占めた(モコ:5万4452台、MRワゴン:1万7179台。全軽自協調べ)。これだけ差があると、モコを本家と呼びたくなってくる。

ところで今回、評価するにあたっては、こんにちの軽自動車の使用実態を考慮し、絶対的な性能よりむしろ合目的性を重視した。使用実態については、自工会が公開している『2009年度軽自動車の使用実態調査報告書』を参考にしている。
それによれば、乗用系の軽自動車の主だった運転者は、女性が6割台と過半数を占めている。男性を含めた平均年齢は48.2歳で、高齢化が進んでいるという。また、軽自動車の73%は人口30万人未満の市・郡部で保有されており、用途としては「通勤・通学」と「買い物」の比率がいずれも38%と高い。加えて乗用系の軽自動車は、月間の平均走行距離が452km(つまり1日約15km)と短いのも特徴だ。さらに人口10万人未満の地域において、車で通勤・通学している人が公共交通機関を利用した場合、48%が「行けない」又は「行きにくい」と答えており、個人負担の公共交通機関的な側面が浮かび上がってくる。
そういう目であらためてモコを見てみる。すると、それまでややもすれば退屈に映っていた箇所ですら、がぜん意味を帯びてきたのであった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る