【スペック】DRIVe:全長×全幅×全高=4630×1845×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4 DOHC16バルブターボ(180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=395万円(テスト車=470万円/ナビゲーションパッケージ=25万円/レザーパッケージ=25万円/セーフティパッケージ=25万円)

ボルボV60 DRIVe(FF/6AT)/T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】

間口の広いボルボ 2011.05.10 試乗記 ボルボV60 DRIVe(FF/6AT)/T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)
……470万円/599万円

スタイリッシュな新型ワゴン「ボルボV60」が日本上陸。その走りと使い勝手を、ふたつのグレードで確かめた。

これってボルボのワゴンなの?

ボルボのワゴンといえば、長くて四角いキャビンがアイデンティティだった。だからこそ、今回導入される「V60」は異例ずくめだ。リアオーバーハングが短く、サイドウィンドウは後ろにいくにつれてドロップし、テールゲートは大きく傾斜している。だから、「V50」の兄、「V70」の弟という印象は薄い。

でもこのモデルを、「XC60」や「S60」と同じ「60シリーズ」の一族として見ると、カタチに納得する。実際、フロントまわりはS60と共通だし、リアまわりはXC60にそっくりだ。オーセンティックなボルボらしさを継承した他のシリーズに対し、60シリーズはダイナミック路線を突き進む。というコンセプトの違いがカタチに現れている。

日本仕様は、1.6リッター直列4気筒ターボと6段デュアルクラッチ・トランスミッション「パワーシフト」で前輪を駆動する「DRIVe(ドライブ・イー)」と、3リッター直列6気筒ターボに6段AT、4WDを組み合わせた「T6 AWD SE」「T6 AWD R-DESIGN」の3タイプ。セダンのS60と同じラインナップだ。今回はDRIVeとR-DESIGNに乗った。


ボルボV60 DRIVe(FF/6AT)/T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)【試乗記】の画像
低いこと、流麗なことを身上とする「ボルボV60」。四角張った過去のボルボのイメージとは一線を画する。
低いこと、流麗なことを身上とする「ボルボV60」。四角張った過去のボルボのイメージとは一線を画する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る