ボルボの新型ワゴン「V60」日本上陸

2011.05.09 自動車ニュース
「ボルボV60」。写真は、スポーティグレードの「T6 AWD R-DESIGN」。
ボルボの新型ワゴン「V60」日本上陸

ボルボの新型ワゴン「V60」日本上陸

ボルボ・カーズ・ジャパンは、新型スポーツワゴン「ボルボV60」を2011年6月4日に発売する。


ボルボの新型ワゴン「V60」日本上陸の画像
荷室。ごらんのように、助手席を倒して長尺物を収納することもできる。
荷室。ごらんのように、助手席を倒して長尺物を収納することもできる。

■ボルボ発「スポーティなワゴン」

昨2010年秋にヨーロッパでデビューした「ボルボV60」は、端的に言えば今年3月に日本でも発売された中型セダン、2代目「ボルボS60」のワゴン版である。ただし、ワゴンといえども既存のボルボのワゴンのようなスペースユーティリティを重視したモデルではなく、セダンプラスアルファのスペースを備え、走りでもスタイリングでもセダンにまったく引けを取らない「スポーツワゴン」であるとメーカーでは称している。

その第一の特徴は、ボディサイドを流れる「ダブルウェーブ」と呼ばれるキャラクターラインを中心に構成された、クーペを思わせるダイナミックなスタイリング。ボディサイズは全長×全幅×全高=4630×1845×1480mm、ホイールベース2775mmだが、日本市場専用のドアハンドルとサイドミラーステーを採用することで、海外仕様より車幅を20mm狭めている。これは日本のマンションなどに多い車幅1850mmまでのタワーパーキングに対応したものだという。

モダンスカンジナビアン・デザインを体現したインテリアは、質感のみならず化学物質の発生が少ないマテリアルを厳選し、フィニッシュも入念。40:20:40の3分割可倒式リアシートや前方可倒式の助手席バックレストによって、シートスペースとラゲッジスペースをフレキシブルにアレンジ可能で、アクティブなライフスタイルをサポートする機能的かつ快適な空間を提供する。

エントリーグレード「DRIVe」の1.6リッターターボエンジン。低回転からの豊かなトルクと燃費性能が自慢だ。
エントリーグレード「DRIVe」の1.6リッターターボエンジン。低回転からの豊かなトルクと燃費性能が自慢だ。

ボルボの新型ワゴン「V60」日本上陸の画像

■走りの異なる3グレード

運動性能においてもセダンにまったく遜色(そんしょく)ないというのが「V60」のうたい文句だが、動力性能と環境性能を両立させたパワートレインは基本的に「S60」と同じ。

用意される3つのグレードのうち、ベーシックな「V60 DRIVe」には180ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpmを発生する1.6リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。高効率の6段デュアルクラッチ・トランスミッションとの組み合わせによって、12.6km/リッター(10・15モード値)という低燃費と排ガス基準75%低減レベル(★★★★)を達成し、エコカー減税対象車に認定されている。
上級版の「V60 T6 AWD SE」と「V60 AWD R-DESIGN」には、304ps/5600rpmと44.9kgm/2100-4200rpmを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載。こちらもトランスミッションは6段(トルコン式AT)だが、駆動方式は「V60 DRIVe」のFFに対してAWDとなる。

フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクのサスペンションをはじめ、シャシーもS60に準じている。基本性能の高さに加え、早期に横滑りを検知する「アドバンスド・スタビリティ・コントロール」やコーナリング中の左右フロントホイール間のトルクバランスを調節する「コーナー・トラクション・コントロール」といったデバイスによって、卓越したハンドリングを実現したという。

運転席まわりの様子。他ボルボ車同様、特徴的な板状のセンターコンソールをもつ。
運転席まわりの様子。他ボルボ車同様、特徴的な板状のセンターコンソールをもつ。
ルームミラーのそばには、前方の障害物を認識し、追突を防止・軽減するためのカメラが備わる。
ルームミラーのそばには、前方の障害物を認識し、追突を防止・軽減するためのカメラが備わる。
ボルボの新型ワゴン「V60」日本上陸の画像

■光るコストパフォーマンス

ボルボの哲学である「安全」においても、現時点におけるトップレベルの性能を備えている。 4〜30km/hの範囲で、追突の危険を検知すると自動的にブレーキがかかる「シティセーフティ」を全車に標準装備。さらに35km/h以下では車両はもちろん歩行者との衝突を可能な限り回避し、35km/h以上でも衝突時の速度を最大限に減速してダメージを軽減する「ヒューマンセーフティ」(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム)を「V60 T6 AWD R-DESIGN」に標準装備。「V60 DRIVe」と「V60 T6 AWD SE」にはオプション設定されている。

こうした充実した内容で、車両本体価格は直4ターボの「V60 DRIVe」が395万円、直6ターボの「V60 T6 AWD SE」が539万円、同モデルをベースに専用スポーツサスペンションなどでよりハードな味付けを施し、内外装も専用パーツでスポーティに装った「V60 T6 AWD R-DESIGN」が599万円。
「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」、「BMW3シリーズ ツーリング」、「アウディA4 アバント」といったライバルに対して、買い得感のある戦略的な価格設定となっている。

(文=沼田 亨/写真=郡大二郎)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 「オートモビル カウンシル2017」の会場から(ボルボ) 2017.8.5 画像・写真 最新モデル「V90」の特別仕様車に加え、歴代の人気モデルが展示されていたボルボのブース。「240」「850」といった人気モデルや、ベルトーネがデザインを手がけた貴重な2ドアクーペ「780」などの姿を、写真でリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る