「プジョー3008」1周年記念の限定モデル発売

2011.05.09 自動車ニュース

「プジョー3008」日本導入1周年記念モデル「OXYGO(オキシゴ)」限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年5月9日、クロスオーバー「プジョー3008」の日本導入1周年を記念した特別仕様車「OXYGO(オキシゴ)」を、110台限定で発売した。

モデル名の「OXYGO」は、酸素や呼吸を意味する「OXY」と「GO」を掛け合わせたもの。
「3008プレミアム」をベースに、ナビゲーションシステム、バイキセノン ディレクショナルヘッドランプ、専用エンブレムを装着、「総額30万円相当の特別装備品を付加しながら、価格は10万円アップに抑えた」(プレスリリース)とお得感が売りのモデルである。
価格は349万円。

パワートレインは、1.6リッター直4DOHCターボエンジンと6段ATの組み合わせで、最高出力156ps/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1400-3500rpmを発生する。

ボディカラーは、ペルラネラ・ブラック、アビサル・ブルー、ヒッコリー、パール・ホワイトの全4色が用意される。

(webCG)

「プジョー3008 OXYGO(オキシゴ)」
「プジョー3008 OXYGO(オキシゴ)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る