「プジョー3008」1周年記念の限定モデル発売

2011.05.09 自動車ニュース

「プジョー3008」日本導入1周年記念モデル「OXYGO(オキシゴ)」限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年5月9日、クロスオーバー「プジョー3008」の日本導入1周年を記念した特別仕様車「OXYGO(オキシゴ)」を、110台限定で発売した。

モデル名の「OXYGO」は、酸素や呼吸を意味する「OXY」と「GO」を掛け合わせたもの。
「3008プレミアム」をベースに、ナビゲーションシステム、バイキセノン ディレクショナルヘッドランプ、専用エンブレムを装着、「総額30万円相当の特別装備品を付加しながら、価格は10万円アップに抑えた」(プレスリリース)とお得感が売りのモデルである。
価格は349万円。

パワートレインは、1.6リッター直4DOHCターボエンジンと6段ATの組み合わせで、最高出力156ps/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1400-3500rpmを発生する。

ボディカラーは、ペルラネラ・ブラック、アビサル・ブルー、ヒッコリー、パール・ホワイトの全4色が用意される。

(webCG)

「プジョー3008 OXYGO(オキシゴ)」
「プジョー3008 OXYGO(オキシゴ)」

関連キーワード:
3008プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る