第192回:32年前の外車ショウと中学生・大矢アキオ幻の企業小説

2011.05.07 エッセイ

第192回:32年前の外車ショウと中学生・大矢アキオ幻の企業小説

カンティーナの中から

ボク・大矢アキオ初のiPad用電子書籍「イタリア式クルマ生活術」(NRMパブリッシング)が、2011年4月29日にアップルAppストアを通じて発売された。近所のおじさんから18年落ちの「ランチア・デルタ」を手に入れたところからはじまる、イタリア人とクルマの関係をつづった痛快エッセイである。

これを機会に、清水の舞台からジャンプする覚悟で、街のパソコン屋さんにiPad2の予約に行った。しかし帰ってきたあと、Appストアの紹介ページを再度読んだら、ボクがすでに持っているiPhoneやiPod touchでもダウンロードできることが判明し、泣けた。

今回の電子書籍は2002年に光人社から刊行された同名の単行本をもとにしているが大幅な加筆・修正を行っている。あわせて、フォトエッセイとしても楽しんでいただけるよう、写真も大幅入れ替えを行った。
ぜひタッチスクリーンの画面でイタリアの横丁にたたずむクルマたち、そしてイタリアの熱き人たちの姿をたのしんでいただきたい。

その入れ替え用写真をそろえるべく、少し前にわが家のカンティーナ(物置き)を整理していたときだ。クルマが写っているとおぼしきネガを偶然発見した。よく見ると1979年、ボクが中学1年生のときに家族で訪れた外車ショウの写真だった。会場はもちろん東京・晴海である。
当時わが家にあった唯一のカメラ、かつ整備不良のキヤノン「キヤノネット」によるものだ。フラッシュも持ってなかったので劣悪だ。にもかかわらず、自分が好きなクルマばかりを一生懸命何枚も撮っているところが面白い。さらに、親が撮ってくれた自分の姿まである。いやー、見たこともない他人の子が写った年賀状を見るのも苦手だが、中学生時代の自分の姿を見るのも、かなり苦しい。

電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(発行:NRMパブリッシング)
電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(発行:NRMパブリッシング)

第192回:32年前の外車ショウと中学生・大矢アキオ幻の企業小説の画像
電子書籍『イタリア式クルマ生活術』から。アルファ・ロメオのトラック。
電子書籍『イタリア式クルマ生活術』から。アルファ・ロメオのトラック。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。