第429回:驚きモモの木「上海ショー」!(後編) 笑いの殿堂!? W1ホール探検

2011.05.06 エッセイ

驚きモモの木「上海ショー」!(後編)笑いの殿堂!? W1ホール探検


第429回:驚きモモの木「上海ショー」!(後編) 気分はすっかり、みうらじゅん!? W1ホール探検
ブリリアンスが手がけるコンセプトカー、「大中貨概念車」。
第429回:驚きモモの木「上海ショー」!(後編) 気分はすっかり、みうらじゅん!? W1ホール探検

気分はすっかり“みうらじゅん”

(前編からのつづき)……ってなわけで、「ここは第2のアメリカか?」と思わせる中国。つくづく自動車は、広大な国土と人口、ついでにある種の“傍若無人さ”を持つ大陸でこそ繁栄するとも思える。それを特に感じたのが、前半で紹介したインターナショナル館とでもいうべき「ホールE」の対面にある「ホールW」だ。

すでに『webCG』で紹介されているとおり、コチラには国策系筆頭とも呼べる「第一汽車」や、民間系筆頭ともいえる「Geely」こと「吉利」が入っている。こちらも当然プレッシャーはビシバシだが、ときおり緊張がイッキに薄れ、イラストレーター“みうらじゅん”な気分にさせられる。というのも、「このコピーの元ネタなんだっけ?」という記憶力合戦が始まってしまうのだ。(笑)

不肖・小沢がまず笑ったのは、「ホールW1」。入り口付近には、ホールEでBMWと共同開発した「5シリーズ プラグインハイブリッド コンセプト」を発表したばかりの「華晨汽車」こと「ブリリアンス・チャイナ・オートモーティブ」が入っている。上述のモデルは中国専用の「BMW5シリーズセダン ロングホイールベース仕様」に、BMW製のエンジン&モーターとブリリアンスが開発したと思われるバッテリーを組み合わせた、理想的な“中欧共同作品”なのだが、このW1の単独ブースには、これまたBMWのエッセンスをいただいたとしか思えないコンセプトカー「大中貨概念車」を配置。日本人にはありえない神経のず太さを見せる。

「北京汽車 B301」。メルセデスの「Bクラス」に似てる!?
第429回:驚きモモの木「上海ショー」!(後編) 気分はすっかり、みうらじゅん!? W1ホール探検
同じく「BC301」、のリアビュー。
第429回:驚きモモの木「上海ショー」!(後編) 気分はすっかり、みうらじゅん!? W1ホール探検
ジープ……ではない。「北京汽車 B40」。
第429回:驚きモモの木「上海ショー」!(後編) 気分はすっかり、みうらじゅん!? W1ホール探検

さらに続くのはその奥の「北京汽車」グループ。こちらがまたすごくて、まずは表に「北京奔馳(ベンツ)」で造っているであろう正規の「メルセデス・ベンツCクラス/Eクラス」が置いてあり、すぐ背後には「北京汽車」の「BC301」! コイツは写真で見ればお分かりのとおり、前からは明らかに「メルセデス・ベンツBクラス」で、「これも造ってるのか……」と思わせといて、リアから見ると、あ然。微妙にBクラスとは違っていて、インテリアはカンペキ別物。まごうかたなきコピー車だったりする。
メルセデスがこれを了承しているとはとても思えないし、両者を平気で並べてるところがホントに「ありえない」。

同じく北京汽車の四輪駆動車「B40」もすごい。一見クライスラー製ジープのライセンス生産車だが、よく見ると7本あるべきスロットグリルが5本。ディテールも本家「ジープ・ラングラー」とはことごとく違っていて、万に一つ、1980年代にアメリカン・モーターズ(AMC)と始めた合弁事業の影響で、本社も了承しているのかもしれないが、コピーはコピー。似て非なるものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』