「ポルシェ918スパイダー」、日本でも受注開始

2011.05.06 自動車ニュース

「ポルシェ918スパイダー」、日本でも受注開始

ポルシェジャパンは、ハイブリッドスポーツカー「918スパイダー」の予約受注を2011年5月13日に開始する。

「918スパイダー」は、2010年のジュネーブショーでコンセプトカーが公開され、2011年3月にドイツ本国で予約受注が始まった2シーターのプラグインハイブリッドスポーツカー。ボディデザインは「カレラGT」や「917」(レースカー)の要素が採り入れられ、モノコックフレームはカーボンファイバー強化プラスチック製となる、生粋のスポーツカーである。

パワーユニットはV8エンジン+2つのモーター。500ps以上を発生するV8エンジンのパワーを後輪へ、合計218ps以上となる2つのモーターからの出力は前後輪へ伝える、独特な4WDシステムを採用している。トランスミッションには2ペダルMTの7段PDKが組み合わされる。
0-100km/h加速は3.2秒以下、最高速度は320km/h以上。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分30秒以内とされ、「カレラGT」をも上回るパフォーマンスを持つという。なお、電気モーターのみによる走行も可能だ。

世界で918台のみの受注生産となるため、納車はオーダーの順番に基づいて行われる。生産は2013年9月18日から、デリバリーは11月から開始される予定。左ハンドルのみが用意され、価格は68万4800ユーロ(1ユーロ=117円で約8012万円)とユーロ建てで設定される。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)【海外試乗記】 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!
  • ロールス・ロイス、新型「ファントム」を7月末に発表 2017.6.1 自動車ニュース 英ロールス・ロイスが、新型「ファントム」を7月末にロンドンのメイフェアで公開すると発表した。ファントムは1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデルであり、今回披露される新型は、その8代目にあたる。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る