【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/0.9リッター直2SOHC8バルブターボ(85ps/5500rpm、14.8kgm/1900rpm)/価格=245万円(テスト車=同じ)

フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】

ミニマムモータリングのススメ 2011.05.06 試乗記 フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)
……245万円

キュートなボディに小さなエンジン。「チンクエチェント」に加わった、2気筒ターボ「ツインエア」モデルを試した。

安くない、遅くない

高いのか安いのか。速いのか遅いのか。「500ツインエア」は、その実体を見抜くのが簡単ではないクルマだ。まず価格だが、0.9リッターの直列2気筒という小さなエンジンを積むからといって、決して安価なわけではない。1.2リッターモデルの同グレード(ポップ、ラウンジ)のちょうど20万円高に設定されており、カタログ上のポジションとしては、1.2と1.4の中間に位置づけられている。

次に性能も、0.9リッターという数字から想像されるほど頼りないものではない。価格の序列にきっちり準じており、現地の資料では0-100km/hは11.0秒と発表されている(1.2は12.9秒で、1.4は10.5秒)。ちなみに日本の軽自動車は、ノンターボがだいたい30秒で、ターボ付きでも20秒弱といったところ。排気量は近くても、「500ツインエア」は日本の軽とは別格の実力の持ち主である。

実際に乗っても、体感的に1.4リッターモデルに匹敵する速さを備えている。筆者はちょうど1年前、「1.4ポップ」を仕事の足にしていた。あれと比べても、こちらがとりたてて遅いという気はしない。いい勝負である。また(昔のではなく最新の)2気筒エンジンというものが、低回転ではそれなりに振動があるくせに、回せば高回転まできっちり伸びることも初めて知った。6000rpmのリミットまでしっかり吹け上がり、スポーティな感触すらある。
もっとも、スポーティとはいってもこのクルマの“芸風”は二の線ではなく、明らかに三の線だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る