【スペック】全長×全幅×全高=4650×1880×1675mm/ホイールベース=2810mm/車重=1850kg/駆動方式=4WD/3リッター直6 DOHC24バルブ(258ps/6600rpm、31.6kgm/2600-3000rpm)/価格=598万円(テスト車=698万1000円)

BMW X3 xDrive28i(4WD/8AT)【試乗記】

買えれば“買い” 2011.05.02 試乗記 BMW X3 xDrive28i(4WD/8AT)
……698万1000円

2代目に進化した、BMWのSUV「X3」に試乗。新型の走りは? そして、乗り心地は?

「Xシリーズ」の主役になるかも

7年前に行われた初代「BMW X3」の試乗会で、インポーターが強調していたことのひとつが“小ささ”だった。全長では100mm、全高では65mm、兄貴分の「X5」を下回り、全幅は15mmしか狭くないものの、顔やキャビンを絞り込むことでコンパクトに見せていると説明していた記憶がある。

しかし新型X3に、そのような思慮遠慮は見られない。フロントマスクやサイドウィンドウは全幅いっぱいまで広がり、その上で立体感を出すべく、ドアやフェンダーには躍動的なプレスラインが入った。

その結果、旧型よりはるかに大きく見えるようになったわけだが、実際のボディサイズも拡大している。全長×全幅×全高=4650×1880×1675mmという数字は、高さは同じまま、85mm長く、25mm幅広くなった。
ホイールベースの延長は15mmにとどまっているので、前後のオーバーハングが延長されたことになる。おかげでロングノーズにリア寄りのキャビンという、「1シリーズ」にも通じる個性は希薄になり、万人向けのフォルムになった。

ひとクラス上のX5は、日本の路上では巨大と言いたくなる外寸にまで拡大した。その一方で、より小さな「X1」の登場もあった。しかも、環境対策は引き続き重要な課題である。そんな状況のなかで、BMWはXシリーズの主役をX5からX3へとシフトさせようとしているのではないか。そんな印象を新型のデザインから受けた。


BMW X3 xDrive28i(4WD/8AT)【試乗記】の画像
サイドビュー。フロントフェンダーからリアコンビランプまで続く、深いキャラクターラインが目を引く。
サイドビュー。フロントフェンダーからリアコンビランプまで続く、深いキャラクターラインが目を引く。
BMW X3 xDrive28i(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る