第191回:「iQ」のアストン版、「シグネット」を発見! 世界一売れそう(?)な国で聞いてみた

2011.04.30 エッセイ

第191回:「iQ」のアストン版、「シグネット」を発見!世界一売れそう(?)な国で聞いてみた

2010年3月、ジュネーブモーターショーで公開されたときの「アストン・マーティン シグネット」。
第191回:「iQ」のアストン版「シグネット」ってアリ? 世界一(?)売れそうな国で聞いてみた

ついに遭遇! その価格は?

「アストン・マーティン シグネット」といえば、「トヨタiQ」をベースにした高級シティコミューターとして、2010年のジュネーブショーで公開されて話題になった。

その後各地のモーターショーでたびたび参考出品されているのは確認した。だが、いったい、これからどうなるのだろうか。一瞬ボクの脳裏には、長く話題にされながら、結局発売されず消えてしまった「日産MID-4」がよぎった。

そんななか先日、モナコのモンテカルロに赴く機会があった。クルマで国境を越えた途端、いきなりロールス・ロイスやフェラーリ級が平然と路上駐車しているようになる。直前までいたフランスのマントンには、陽光で退色し、捨ててあるのか現役なのかわからないような「ルノー4」がいたのに、である。
通行人はみんな上品で話し声も静かだ。ボクのデカ声とイタリア語なまりのフランス語が妙に小っ恥ずかしく映る。

そのモンテカルロのあるイベント会場でのことだ。「シグネット」が他のアストンとともに展示されているではないか! もはや一般の人もドア開け放題、お触りし放題である。脇には価格表もあって、「3万8250ユーロ(約459万円)から」と記されている。
参考までに「iQ」の1.3リッター6段マニュアルは1万5400ユーロ(約186万円/フランス価格)だから、ベース車両の2.5台分近い値段ということになる。シグネットのエンジンは1.3リッターのみだ。iQのカタログにある1リッターは設定されていない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。