第428回:驚きモモの木「上海ショー」!(前編) ニューヨークよ、オマエは既に負けている!?

2011.04.29 エッセイ

第428回:驚きモモの木「上海ショー」!(前編)ニューヨークよ、オマエは既に負けている!?

コピーだらけなんて言わせない!

ったく、韓国のソウル・モーターショーに続き、またまた困った問題大発生ですよ! そ、今度は身近な超大国になりつつある、いや既になっている中国!!

それもある意味ビジネスの中心、上海で行われた「上海ショー」! 4月19日スタートのプレスデイに行ってきたわけだけど、既に『webCG』でも報じられているようにワールドプレミアの数がハンパない。

主要モデルだけでも、「メルセデス・ベンツ コンセプトAクラス」、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル(新型ビートル)」、「アウディQ3」、「アウディA3 eトロンコンセプト」、「BMW6シリーズクーペ」、「BMW M5」、「BMWブリリアンス・プラグインハイブリッド」、「MINIインスパイアード・バイ・グッドウッド」、「プジョー508(中国専用デザイン)」、「シトロエンDS5」、「ボルボ・コンセプト ユニバース」、「プジョーSXV」、「シボレー・マリブ」の13台。アジア勢が「日産ティーダ」、「日産コンパクトスポーツ コンセプト」、「ヒュンダイ・アゼーラ」、「スバルXVコンセプト」、日産プロデュースの中国車「ヴェヌーシア・コンセプト」と、ついでに中国資本となった「MGコンセプト5」も入れると6台だから計19台!!さらによく分からなかった中国ロコブランドのワールドプレミアまで入れるとパーペキ20台以上はいくから、ほぼ同じくして行われた北米ニューヨークショーのワールドプレミア数、約10台を確実に超えることになる。

フォルクスワーゲンの首脳陣が見守るなか、「ザ・ビートル」がお披露目された。
フォルクスワーゲンの首脳陣が見守るなか、「ザ・ビートル」がお披露目された。
ホンダのブース。伊東孝紳社長が登壇し、プレゼンテーションを行った。
ホンダのブース。伊東孝紳社長が登壇し、プレゼンテーションを行った。
こちらは日産。中央は、カルロス・ゴーンCEO。
こちらは日産。中央は、カルロス・ゴーンCEO。

しかも、内容が内容よ。実はプレスデイ前夜に揚子江沿いの特設ホールで発表されたのが、フォルクスワーゲンが誇る世界のキャラクター・コンパクトカー「ザ・ビートル」。思わず『ザ・ビートルズ』の韻を踏んだのかと思いきや、フォルクスワーゲン全体のドイツ語キャッチフレーズ「Das Auto」を翻訳したようで、そのうえ現場には、同グループトップのDr.ヴィンターコーン会長やら技術部門トップのハッケンベルグ氏、デザイン部門トップのワルター・ダ・シルバ氏と首脳陣がそろい踏み。いかに中国を重要視しているかが分かる。

実際、2010年のフォルクスワーゲングループの中国での販売台数は過去最高の192万台! しかも、前年比なんと37.4%増!! まさに、絶頂期のイチローの打率に匹敵する“4割伸びメーカー”なわけで、それだけにザ・ビートルも中国でお披露目となったわけだ。

個人的には、この手のクルマはキャラクター商品好きなわが国ニッポンで発表してほしかったが、そうもいかない。ヴィンターコーン会長もプレゼンで「フォルクスワーゲンのシンボルであり、歴史そのもの」と言ったように、ビートルはグループの魂のモデルであり、それを中国で発表することに意味があったのだ。

日本メーカーも、トヨタの豊田章男社長、日産のカルロス・ゴーンCEO、ホンダの伊東孝紳社長と、主要メーカーはすべてトップ直々のお出ましで、さすが年間2000万台! とも言われる超巨大マーケット。なにかとメンツを重んずる中国。やっぱり直々にエライ人が来ないと納得しないのだ!? とにかく、年間200万台弱の韓国ショーとはワケが違う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』