メルセデスEクラスのエントリーグレードが燃費向上

2011.04.27 自動車ニュース
 
メルセデスEクラスのエントリーモデルが燃費向上

「メルセデス・ベンツEクラス」のエントリーグレード、さらに燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」の特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」シリーズのトランスミッションを変更し、2011年4月27日に発売した。

「メルセデス・ベンツE250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション」
メルセデスEクラスのエントリーモデルが燃費向上

「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」(全3車種)は、1.8リッター直4ガソリン直噴ターボエンジンを搭載し、すぐれた走行性能と燃費経済性の両立をうたう、「Eクラス」のベーシックな特別仕様車だ。

2011年1月の発売から約3カ月を経た今回、そのトランスミッションが5段ATから7段AT「7G-TRONIC PLUS」へと変更され、燃費が最大17%向上。エコカー減税やグリーン税制において、より優遇されるようになった。
あわせて、ギアポジションの選択は、フロアシフトではなくステアリングコラム右側の電子セレクターレバーとシフトパドルで行えるようになった。

価格は据え置きで、以下のとおり。
(カッコ内は、10・15モード燃費値の変化と減税額の合計)

・E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション:634万円(11.4km/リッター→12.6km/リッター、16万5900円)
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン125!エディション:669万円(11.0km/リッター→12.6km/リッター、27万9800円)
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:698万円(10.8km/リッター→12.6km/リッター、28万9100円)

(webCG 関)

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)... 2017.11.29 試乗記
  • 新型「メルセデス・ベンツGクラス」の内装デザインが明らかに 2017.12.14 自動車ニュース