メルセデスEクラスのエントリーグレードが燃費向上

2011.04.27 自動車ニュース
 
メルセデスEクラスのエントリーモデルが燃費向上

「メルセデス・ベンツEクラス」のエントリーグレード、さらに燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」の特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」シリーズのトランスミッションを変更し、2011年4月27日に発売した。

「メルセデス・ベンツE250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション」
メルセデスEクラスのエントリーモデルが燃費向上

「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」(全3車種)は、1.8リッター直4ガソリン直噴ターボエンジンを搭載し、すぐれた走行性能と燃費経済性の両立をうたう、「Eクラス」のベーシックな特別仕様車だ。

2011年1月の発売から約3カ月を経た今回、そのトランスミッションが5段ATから7段AT「7G-TRONIC PLUS」へと変更され、燃費が最大17%向上。エコカー減税やグリーン税制において、より優遇されるようになった。
あわせて、ギアポジションの選択は、フロアシフトではなくステアリングコラム右側の電子セレクターレバーとシフトパドルで行えるようになった。

価格は据え置きで、以下のとおり。
(カッコ内は、10・15モード燃費値の変化と減税額の合計)

・E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション:634万円(11.4km/リッター→12.6km/リッター、16万5900円)
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン125!エディション:669万円(11.0km/リッター→12.6km/リッター、27万9800円)
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:698万円(10.8km/リッター→12.6km/リッター、28万9100円)

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る