メルセデスEクラスのエントリーグレードが燃費向上

2011.04.27 自動車ニュース
 
メルセデスEクラスのエントリーモデルが燃費向上

「メルセデス・ベンツEクラス」のエントリーグレード、さらに燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス・ベンツEクラス」の特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」シリーズのトランスミッションを変更し、2011年4月27日に発売した。

「メルセデス・ベンツE250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション」
メルセデスEクラスのエントリーモデルが燃費向上

「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」(全3車種)は、1.8リッター直4ガソリン直噴ターボエンジンを搭載し、すぐれた走行性能と燃費経済性の両立をうたう、「Eクラス」のベーシックな特別仕様車だ。

2011年1月の発売から約3カ月を経た今回、そのトランスミッションが5段ATから7段AT「7G-TRONIC PLUS」へと変更され、燃費が最大17%向上。エコカー減税やグリーン税制において、より優遇されるようになった。
あわせて、ギアポジションの選択は、フロアシフトではなくステアリングコラム右側の電子セレクターレバーとシフトパドルで行えるようになった。

価格は据え置きで、以下のとおり。
(カッコ内は、10・15モード燃費値の変化と減税額の合計)

・E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション:634万円(11.4km/リッター→12.6km/リッター、16万5900円)
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン125!エディション:669万円(11.0km/リッター→12.6km/リッター、27万9800円)
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション:698万円(10.8km/リッター→12.6km/リッター、28万9100円)

(webCG 関)

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツEクラス」にPHVが登場 2017.8.25 自動車ニュース メルセデスが「Eクラス セダン/ステーションワゴン」に仕様変更を実施。テレマティクスサービスを全モデル標準装備としたほか、一部グレードで装備の強化を図った。同時に、セダンにEクラス初のPHV「E350eアバンギャルド スポーツ」を追加設定した。
ホームへ戻る