フルサイズSUT「シボレー・アバランチ」発売

2011.04.27 自動車ニュース

三井物産オートモーティブ、「シボレー・アバランチ」の導入を発表

米ゼネラルモーターズ社製モデルの正規輸入販売を手掛ける三井物産オートモーティブは、「シボレー・アバランチ」を正規導入し、2011年6月初旬に発売すると発表、4月26日に、予約受け付けを開始した。

「シボレー・アバランチ」は、ダブルキャブキャビンとカーゴベッドを持つフルサイズSUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)だ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5650×2020×1910mm。ホイールベース=3302mm。乗車定員は5名(前席2名、後席3名)となっている。

同モデルは、カーゴベッドの積載物を雨風から守る、脱着式3ピースカーゴカバーを標準装備。キャビンと荷室の間にある開閉式のミッドゲート(隔壁)をオープンにし、荷室に収まりきらない長尺モノを積載するといった使い方も可能だ。カーゴベッドは、最大で全長約2490mm、全幅約1270mm、最大積載量は350kg。水上バイクやサーフィンなどのマリンスポーツや、スキー、スノーボード、スノーモービルといったウィンタースポーツのアイテムを運べる容量・耐荷重性をもつ。またトレーラーなどのけん引時に役立つトレーラーヒッチメンバーも標準で備える。

インテリアは、標準装備のエボニーレザーシート、パワーシート、BOSE社製プレミアムサウンドスピーカーシステム、マルチゾーンエアコンなどにより、上質で快適な居住性が追求されている。

心臓部には、GM製の5.3リッター“ボルテック”V8エンジンを搭載。最高出力325ps/5400rpm、最大トルク46.3kgm/4000rpmを発生する。このエンジンは、平坦路でのハイウェイクルージングなどでは、シリンダーの働きを8気筒から4気筒へと切り替えて燃費を低減する「アクティブフューエルマネジメントシステム」が採用され、燃費の向上が図られている。燃料は、レギュラーガソリンに対応する。

日本仕様のボディカラーは、ブラック、サミットホワイト、ビクトリーレッドの3色。左ハンドル仕様のみとなる。

価格は、530万円。

(webCG 曽宮)

「シボレー・アバランチ」
「シボレー・アバランチ」

フルサイズSUT「シボレー・アバランチ」発売の画像

フルサイズSUT「シボレー・アバランチ」発売の画像

フルサイズSUT「シボレー・アバランチ」発売の画像

関連キーワード:
アバランチシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
ホームへ戻る