【スペック】全長×全幅×全高=4470×1800×1575mm/ホイールベース=2760mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)/価格=363万円(テスト車=450万3000円)

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗記】

BMWの斥候 2011.04.27 試乗記 BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)
……450万3000円
「Xシリーズ」の中で唯一の後輪駆動(FR)モデル「X1 sDrive18i」を箱根で試乗。BMWらしい「歓び」を感じることはできたのか?

どこか不思議なSUV

「なんだか間延びしたビーエムだなぁ」というのが、「BMW X1」を最初に見たときの印象である。いきなり個人的な嗜好(しこう)を押しつけるようで恐縮だが、BMWをして「なにはともあれ二枚目な自動車メーカー」と理解しているリポーターの目には、新しい「Xシリーズ」の末弟はどこか不思議な姿に映った。素直に「カッコいい!」と言えないものがある。

ボディサイズは、4470mmの全長に1800mmの横幅。「日産デュアリス」よりわずかに大きく、「エクストレイル」より短い。「フォルクスワーゲン・ティグアン」あたりといい勝負だ。「X」一族らしさが一番表れているのが後ろ姿で、なるほどリアゲートのカタチは「X3」「X5」そっくりである。ところが、全高は1545mmと、SUVにしてはずいぶん抑えられていて、これがX1のプロポーションを独特なものにしている。

X1の後部を見て、「これが新しいビーエムのSUVか」と納得しつつ横にまわると、FR(ベース)らしいロングノーズに、しかしやけに胴の長い「1シリーズ」といったクルマが目の前にある。ホイールベースは2760mm。なんのことはない。名前は「1」だが、3シリーズワゴンにSUV風味をふりかけたのが、X1というわけだ。
名前にSUV、BMWいうところのSAV(Sports Activity Vehicle)を表す「X」が付いているが、理解の一助としてあえてカテゴリー分けすると、さまざまなジャンルが入り混ざった「クロスオーバー」ということになろうか。

そんなことをグジグジ考えながら、ドアを開けて運転席に座ると、「あらら……」と意外な発見をするのであった。

「sDrive18i」のスタンダードシート。シート地はブラックとベージュから選べる「エレクトラクロス」が標準だが、テスト車は、「メディアンクロスインテリア」のメリディアンゴールドをオプションで装備。
「sDrive18i」のスタンダードシート。シート地はブラックとベージュから選べる「エレクトラクロス」が標準だが、テスト車は、「メディアンクロスインテリア」のメリディアンゴールドをオプションで装備。

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗記】の画像

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.7 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスの意図したところを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • BMW X1 xDrive20i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.28 試乗記 従来モデルからすべてを一新。新たにエンジン横置きのFF系プラットフォームを採用した新型「BMW X1」が日本で発売された。FFベースとなったことでドライブフィールはどう変わったか。その走りの実力と、大幅に進化を遂げたというパッケージングを確かめた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る