【スペック】全長×全幅×全高=4470×1800×1575mm/ホイールベース=2760mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)/価格=363万円(テスト車=450万3000円)

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗記】

BMWの斥候 2011.04.27 試乗記 BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)
……450万3000円
「Xシリーズ」の中で唯一の後輪駆動(FR)モデル「X1 sDrive18i」を箱根で試乗。BMWらしい「歓び」を感じることはできたのか?

どこか不思議なSUV

「なんだか間延びしたビーエムだなぁ」というのが、「BMW X1」を最初に見たときの印象である。いきなり個人的な嗜好(しこう)を押しつけるようで恐縮だが、BMWをして「なにはともあれ二枚目な自動車メーカー」と理解しているリポーターの目には、新しい「Xシリーズ」の末弟はどこか不思議な姿に映った。素直に「カッコいい!」と言えないものがある。

ボディサイズは、4470mmの全長に1800mmの横幅。「日産デュアリス」よりわずかに大きく、「エクストレイル」より短い。「フォルクスワーゲン・ティグアン」あたりといい勝負だ。「X」一族らしさが一番表れているのが後ろ姿で、なるほどリアゲートのカタチは「X3」「X5」そっくりである。ところが、全高は1545mmと、SUVにしてはずいぶん抑えられていて、これがX1のプロポーションを独特なものにしている。

X1の後部を見て、「これが新しいビーエムのSUVか」と納得しつつ横にまわると、FR(ベース)らしいロングノーズに、しかしやけに胴の長い「1シリーズ」といったクルマが目の前にある。ホイールベースは2760mm。なんのことはない。名前は「1」だが、3シリーズワゴンにSUV風味をふりかけたのが、X1というわけだ。
名前にSUV、BMWいうところのSAV(Sports Activity Vehicle)を表す「X」が付いているが、理解の一助としてあえてカテゴリー分けすると、さまざまなジャンルが入り混ざった「クロスオーバー」ということになろうか。

そんなことをグジグジ考えながら、ドアを開けて運転席に座ると、「あらら……」と意外な発見をするのであった。

「sDrive18i」のスタンダードシート。シート地はブラックとベージュから選べる「エレクトラクロス」が標準だが、テスト車は、「メディアンクロスインテリア」のメリディアンゴールドをオプションで装備。
「sDrive18i」のスタンダードシート。シート地はブラックとベージュから選べる「エレクトラクロス」が標準だが、テスト車は、「メディアンクロスインテリア」のメリディアンゴールドをオプションで装備。

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗記】の画像

BMW X1 sDrive18i(FR/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「BMW X1」にディーゼルエンジン搭載の新グレード 2016.9.23 自動車ニュース BMWがコンパクトSUV「X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した新グレード「xDrive18d」を設定。エンジンは2リッターの直4ディーゼルターボで、アイドリングストップ機構などとも相まって19.6km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る