第2回:平行世界で「誰でもない男」が選ぶ夢幻の人生
『ミスター・ノーバディ』 

2011.04.26 エッセイ

第2回:平行世界で「誰でもない男」が選ぶ夢幻の人生『ミスター・ノーバディ』 

湖に落下していくクルマ

予告編を観て、引きこまれた。湖の中にゆっくりと落下していく「ジープ・グランドチェロキー」、そのあとに同じ軌道を描いてプールに飛び込む女の子のカットが続く。美しく、夢幻のような映像だ。『トト・ザ・ヒーロー』『八日目』の名匠ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の13年ぶりの新作である。

泣かせることだけが目的だったり、キャスティングありきだったりというどうでもいい映画が世にあふれているのに、ドルマル監督のような優れた映像作家の作品は20年に3作品しか観ることができない。なんと不条理な。でも、期待にたがわぬ濃密なドルマル・ワールドが楽しめたのだから、よしとしなくてはならない。多彩なイメージが奔流のように、また寄せては返す波のように現れる。観る者は夢うつつのあわいを漂い、監督の手の上で気随にもてあそばれる。

主人公のニモ・ノーバディ(ジャレッド・レト)は118歳。2092年の世界では人間は永遠の命を持つようになっていて、彼は寿命を持つ最後の男である。新聞記者が病室を訪れ、不死以前の世界の話を聞こうとする。しかし、彼は自分が34歳だと言いはるのだ。彼が語る過去は、錯綜(さくそう)し、矛盾をはらみ、前後が入れ替わる。悪夢のようなイメージが繰り返し現れ、ストーリーは枝分かれして収束しない。

©2009 PAN-EUROPEENNE - MR NOBODY DEUTSCHLAND GmbH - 6515291CANADA INC - TOTO&CO FILMS - FRANCE 2 CINEMA - FRANCE 3 CINEMA
第2回:『ミスター・ノーバディ』−平行世界で「誰でもない男」が選ぶ夢幻の人生
第2回:『ミスター・ノーバディ』−平行世界で「誰でもない男」が選ぶ夢幻の人生

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。