【スペック】全長×全幅×全高=4620×1805×1425mm/ホイールベース=2760mm/車重=1650kg/駆動方式=FR/4リッターV8DOHC32バルブ(420ps/8300rpm、40.8kgm/3900rpm)/価格=1213万円(テスト車=1218万1000円/USBオーディオインターフェイス=5万1000円)

BMW M3クーペ コンペティション(FR/7AT)【試乗記】

史上最良のM3 2011.04.25 試乗記 BMW M3クーペ コンペティション(FR/7AT)
……1218万1000円

BMWのハイパフォーマンスモデル「M3クーペ」に新グレードが登場。“競争”の名を冠する、スペシャルバージョンの実力を確かめた。

ナットクの1213万円

1985年に初登場した「BMW M3」の25周年を祝うモデルが“コンペティション”である。デビューから四半世紀、M社が手がけた“特別な3シリーズ”は、 E30から現行のE90系まで4世代を数える。エンジンは2.3リッター4気筒から6気筒を経て、4リッターV8に進化した。

初代M3ではガチンコ・ライバルだった「メルセデス190E 2.3-16」や「2.5-16」は1代限りの190シリーズとともにとっくに姿を消している。“流行り”に目ざといようでいて、BMWは継続する力も 大したものなのだ。もちろんそれだけM3がアツく支持されてきたということだが。

コンペティションは、M3クーペに新たなパッケージオプションを加えたモデルである。その内容は、1インチ・アップの19インチアルミホイール、カーボン製のトランクスポイラーやドアミラーカバー。内装にもカーボンパーツがおごられる。
パワーユニット関係に変更はないが、EDC(電子制御ダンパー)やDSC(スタビリティコントロール)には専用セッティングが施される。ボディ色はマットブラックのホイールを引き立たせる鮮やかなファイヤーオレンジのみ。変速機は6段MTと7段M DCT(Mダブル・クラッチ・トランスミッション)どちらも選択可能で、M DCTは50万円高。ノーマルM3との差、つまりコンペティションの“お代”は、プラス145万円になる。

試乗したのはM DCT付き。1213万円といえば、「ポルシェ911カレラ」のPDK(1267万円)が射程に入る価格だが、走り出すなりナットクした。これは史上最良のM3である。

「ファイヤーオレンジ」の専用ボディカラーが、ノーマルM3クーペにも備わる黒いカーボンルーフを一層際立たせる。
「ファイヤーオレンジ」の専用ボディカラーが、ノーマルM3クーペにも備わる黒いカーボンルーフを一層際立たせる。
ミラーカバーもカーボン仕様になるのが、“スペシャル版M3”の証し。
ミラーカバーもカーボン仕様になるのが、“スペシャル版M3”の証し。
19インチのアロイホイールは専用品。ベースとなる「M3」にオプション設定される19インチよりも、さらにワイド化されている。
19インチのアロイホイールは専用品。ベースとなる「M3」にオプション設定される19インチよりも、さらにワイド化されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M3クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る