第190回:「トヨタ・プリウス」も6年で「歴史車」扱い?  欧州に“ヤングタイマー”の風

2011.04.23 エッセイ

第190回:「トヨタ・プリウス」も6年で「歴史車」扱い? 欧州に“ヤングタイマー”の風

「ヤングタイマー」とは?

最近ヨーロッパのちょっと古いクルマ界で元気なのが「ヤングタイマー」と呼ばれるジャンルである。明確な定義はないが、一般的なものとしては「20〜29年前に発表されたクルマ」というものだ。なかには、デビュー20年を待たないクルマでも「ヤングタイマー」と呼ぶ人もいる。
定説ではドイツが発祥地で、じわじわと人気がでてきたのは2005年前後だったと思う。背景には、30代の若いドイツ人愛好家が実用車以外のクルマを維持する経済的余裕を他の欧州諸国のファンよりももっていたことがある。加えて、もともとドイツのメーカーが、比較的若いヒストリックカーの愛好会やイベントも寛大にサポートしていたことがあった。

こうしたヤングタイマーファンの集まり、当初ボクは、菊池桃子のロックバンド「ラ・ムー」のように、せっかく頑張っているのに解散してしまうのではないか? と、ちょっぴり心配していた。
しかし、その流れが決定的になったのは、2009年だ。メルセデス・ベンツが「ヤングクラシックス」という名称で、1970〜90年代の優良中古車販売およびリースをスタートしたのだ。従来から存在した歴史車サポート部門「クラシックセンター」と連携して、対象車のパーツ販売も強化した。

これに前後して他のドイツブランドも、同じようなサービスを打ち出したことで、ヤングタイマーの潮流は定着していった。ちなみに、ドイツ連邦自動車局によると、国内のヤングタイマー市場に出回っている当該車の数は約660万台という。

2011年4月ドイツ・エッセンで行われた古典車ショー「テヒノクラシカ(テクノクラシカ)」で。メルセデス・ベンツの「ヤングクラシックス」のコーナー。1980年の「メルセデス・ベンツ200」は、走行距離約1万5000kmで2万3950ユーロ(約286万円)。
第190回:「トヨタ・プリウス」も6年で「歴史車」扱い?  欧州に“ヤングタイマー”の風
同じく「ヤングクラシックス」。手前の1991年「メルセデス・ベンツ300SL」は走行距離約1万kmで3万7950ユーロ(約454万円)。
第190回:「トヨタ・プリウス」も6年で「歴史車」扱い?  欧州に“ヤングタイマー”の風

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。