【スペック】"バージョンL":全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=430万円(テスト車=484万6000円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/エアロバンパー=7万8750円/ムーンルーフ=10万5000円/"マークレビンソン"プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万5250円)

レクサスCT200h バージョンL/Fスポーツ(FF/CVT)【動画試乗記】

他にはない価値 2011.04.22 試乗記 レクサスCT200h"バージョンL"(FF/CVT)/"Fスポーツ"(FF/CVT)
……484万6000円/482万4900円


レクサスの最新ハイブリッドカー「CT200h」に試乗。「バージョンL」と「Fスポーツ」の2モデルをワインディングに連れだし、味つけの違いを探った。

「レクサス、ここまで来たか!」

もっともコンパクトなレクサスであり、価格も他モデルより低く設定された「CT200h」。レクサス車としては初めてのハッチバックモデルであることや、「プリウス」と同じパワートレインを搭載することなど、話題には事欠かない同モデルだが、エントリーモデル的な位置づけだからといって「けっして侮るべからず」というのがリポーターの下した判定だ。
今回は、高級ブランドの裾野を広げる役割を担う「CT200h」を動画でリポート。「バージョンL」と「Fスポーツ」の乗り味の違いを検証する。

【前編】 CT200hモデル概要

【後編】試乗インプレッション(「L」と「F」を乗り比べる)

(Report=島下泰久)


レクサスCT200h バージョンL/Fスポーツ(FF/CVT)【動画試乗記】の画像

レクサスCT200h バージョンL/Fスポーツ(FF/CVT)【動画試乗記】の画像
【スペック】"Fスポーツ":全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=405万円(テスト車=482万4900円/"Fスポーツ"専用本革ステアリング=1万500円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/エアロバンパー=7万8750円/クリアランスソナー=4万2000円/"Fスポーツ"専用本革シート+雨滴感応式間欠フロントワイパー+サイドターンランプ・ヒーター付きドアミラー+8Way調整式パワーシート・電動ランバーサポート=28万1400円/"マークレビンソン"プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万5250円)
【スペック】"Fスポーツ":全長×全幅×全高=4320×1765×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)+交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/価格=405万円(テスト車=482万4900円/"Fスポーツ"専用本革ステアリング=1万500円/プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=14万7000円/エアロバンパー=7万8750円/クリアランスソナー=4万2000円/"Fスポーツ"専用本革シート+雨滴感応式間欠フロントワイパー+サイドターンランプ・ヒーター付きドアミラー+8Way調整式パワーシート・電動ランバーサポート=28万1400円/"マークレビンソン"プレミアムサラウンドサウンドシステム=21万5250円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る