FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】

2011.04.21 自動車ニュース

【ニューヨークショー2011】FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目

トヨタ自動車は、2011年4月20日に開幕したニューヨークショーに、コンパクトスポーツ「サイオンFR-Sコンセプト」を出展した。

「21世紀のハチロク!?」と、世のクルマ好きの期待を集めていたトヨタFRモデルがついに販売される!?

2011年4月20日(一般公開は22日)から始まったニューヨーク国際オートショーで「販売する予定」がアナウンスされたのは、2009年の東京モーターショーで初披露されたトヨタの小型FRコンセプト「FT-86」。コンセプトカーの登場に先立ち、トヨタとスバルの共同開発が話題となったスポーツモデルである。

ニューヨークショーでは「FR-Sコンセプト」と名称を変え、北米市場での若者向けチャンネル「Scion(サイオン)」のブランド名を冠しての出展となった。FR-Sは、「Front-engine Rear-wheel drive Sport」の略。
アグレッシブなフロントマスク、サイドシルからリアフェンダーへと駆け上がる大胆なサイドライン、そしてフェラーリを思わせる大きなディフューザーが凄みを利かせる後ろ姿。なんだかすっかり影が薄くなっていた感のある市井のスポーツカー好きにとって、ココロ踊るデザイン。もしかしたら実際に買えるかもしれないクルマとして、大いに興味が引かれるだろう。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4272×1816×1204mm。えてして肥大化しがちな昨今の自動車市場にあって、よくサイズが抑えられた。ちなみに、ハッチバックの「スバル・インプレッサ」の全長は4415mmである。FR-Sコンセプトは短く、しかし1816mmと広い横幅が印象的。1204mmと最近では異例に低い車高は、まだコンセプトモデルだからだろうか。市販版FR-Sがどれだけ今回のディメンションを守れるのか、注目したい。

エンジンは、2リッターの4気筒。もちろん水平対向エンジンで、ヘッドメカニズムはDOHC。ボクサーユニットは、現在の自動車市場では特殊な形状で、また絶対数が少ないため、なかなか直噴化のためのパーツを得ることができなかった。ところが、今回のFR-Sコンセプトでは、「筒内直接噴射」と「ポート噴射」の併用がうたわれる。トヨタの「D-4S」(従来表記はD4-S)技術を導入して、ハイパフォーマンスと環境性能の両立を図るわけだ。
組み合わされるトランスミッションは、6段MTと6段ATが予想される。

アメリカでの販売は、2012年から開始される予定だという。日本市場での発売も、大いに期待したい。

(文=青木禎之)

「サイオンFR-Sコンセプト」
「サイオンFR-Sコンセプト」 拡大

FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】の画像 拡大

FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】の画像 拡大
FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】の画像 拡大

FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】の画像 拡大

FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
86トヨタニューヨークモーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • 「トヨタ86」にGRシリーズのエントリーモデル登場 2018.7.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年7月2日、「86」に「GRスポーツ」を設定し、販売を開始した。2017年秋に発表したスポーツカーシリーズ、GRのエントリーモデルとなるもので、“気軽にスポーツを楽しめる”モデルとなっている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
ホームへ戻る