FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】

2011.04.21 自動車ニュース
「サイオンFR-Sコンセプト」
FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目【ニューヨークショー2011】

【ニューヨークショー2011】FT-86こと「サイオンFR-Sコンセプト」お披露目

トヨタ自動車は、2011年4月20日に開幕したニューヨークショーに、コンパクトスポーツ「サイオンFR-Sコンセプト」を出展した。

「21世紀のハチロク!?」と、世のクルマ好きの期待を集めていたトヨタFRモデルがついに販売される!?

2011年4月20日(一般公開は22日)から始まったニューヨーク国際オートショーで「販売する予定」がアナウンスされたのは、2009年の東京モーターショーで初披露されたトヨタの小型FRコンセプト「FT-86」。コンセプトカーの登場に先立ち、トヨタとスバルの共同開発が話題となったスポーツモデルである。

ニューヨークショーでは「FR-Sコンセプト」と名称を変え、北米市場での若者向けチャンネル「Scion(サイオン)」のブランド名を冠しての出展となった。FR-Sは、「Front-engine Rear-wheel drive Sport」の略。
アグレッシブなフロントマスク、サイドシルからリアフェンダーへと駆け上がる大胆なサイドライン、そしてフェラーリを思わせる大きなディフューザーが凄みを利かせる後ろ姿。なんだかすっかり影が薄くなっていた感のある市井のスポーツカー好きにとって、ココロ踊るデザイン。もしかしたら実際に買えるかもしれないクルマとして、大いに興味が引かれるだろう。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4272×1816×1204mm。えてして肥大化しがちな昨今の自動車市場にあって、よくサイズが抑えられた。ちなみに、ハッチバックの「スバル・インプレッサ」の全長は4415mmである。FR-Sコンセプトは短く、しかし1816mmと広い横幅が印象的。1204mmと最近では異例に低い車高は、まだコンセプトモデルだからだろうか。市販版FR-Sがどれだけ今回のディメンションを守れるのか、注目したい。

エンジンは、2リッターの4気筒。もちろん水平対向エンジンで、ヘッドメカニズムはDOHC。ボクサーユニットは、現在の自動車市場では特殊な形状で、また絶対数が少ないため、なかなか直噴化のためのパーツを得ることができなかった。ところが、今回のFR-Sコンセプトでは、「筒内直接噴射」と「ポート噴射」の併用がうたわれる。トヨタの「D-4S」(従来表記はD4-S)技術を導入して、ハイパフォーマンスと環境性能の両立を図るわけだ。
組み合わされるトランスミッションは、6段MTと6段ATが予想される。

アメリカでの販売は、2012年から開始される予定だという。日本市場での発売も、大いに期待したい。

(文=青木禎之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る