【スペック】全長×全幅×全高=4730×1850×1440mm/ホイールベース=2705mm/車重=1540kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(206ps/7000rpm、23.7kgm/4300rpm)/価格=390万2500円(テスト車=393万9250円/ボディカラー<プレミアムホワイトパール>=3万6750円)

ホンダ・アコード タイプS(FF/5AT)【試乗記】

“外向き”のクルマ 2011.04.21 試乗記 ホンダ・アコード タイプS(FF/5AT)
……393万9250円



縮小する日本のセダン市場において、「ホンダ・アコード」はどんな意味を持つのか? マイナーチェンジを機に加わった「タイプS」に試乗しながら考えた。

駅弁食っててトヨタに勝てるか!

2011年2月下旬に「ホンダ・アコード」がマイナーチェンジを受け、「タイプS」というグレードが新たに設定された。このクルマを紹介する前に、ちょっと回り道させてください。
3月30日付けでホンダから送られてきたプレスリリースを読みながら、遠くを見る目になってしまった。以下、リリースの一部を抜粋。

-----
Hondaの米国における航空機事業の子会社である「ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company, Inc. 以下、HACI)」は、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット(HondaJet)」の米国連邦航空局(以下、FAA)の型式認定取得に向けた飛行試験で、目標性能値である最高速度420ノット(時速約778km)を上回る425ノット(時速約787km)を量産型初号機で記録しました。
-----

遠い目になったそのワケは、本田宗一郎さんが社長だった時代に“お抱えヘリコプター操縦士”を務めた方にうかがった話を思い出したからだ。デジタルはまことに便利で、5年前のインタビューを文字化したファイルが5秒で見つかる。

お話の中で特に面白かったのは、経済誌の記者に「なぜヘリコプターを導入するのか?」と問われた時の本田さんの返答だ。「ウチの会社には、役員がのんびり駅弁を食いながら出張する余裕はないんですよ」。記者が帰った後で、「新幹線で駅弁食っててトヨタに勝てるか!」とタンカを切ったという。だから天国の本田さんは、ホンダジェットのニュースに目を細めているのではないか。「F1の2倍も速いゾ!」てな具合に、アイルトン・セナに自慢しているかもしれない。

といった回り道にお付き合いいただき、ありがとうございます。で、本題の「ホンダ・アコード タイプS」に戻ります。


ホンダ・アコード タイプS(FF/5AT)【試乗記】の画像

ホンダ・アコード タイプS(FF/5AT)【試乗記】の画像
マイチェンによるリアビューの大きな変更はない。マイチェン前の「アコード24TL スポーツスタイル」にも用意されていた235/45R18という大径タイヤが、迫力を醸す。
マイチェンによるリアビューの大きな変更はない。マイチェン前の「アコード24TL スポーツスタイル」にも用意されていた235/45R18という大径タイヤが、迫力を醸す。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る