広汽ホンダ、小型セダンの「理念S1」を発売

2011.04.20 自動車ニュース

広汽ホンダ、小型セダンの「理念S1」を発売

ホンダの中国における四輪生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司は2011年4月17日、小型セダンの「理念S1」を発売した。

「理念」は中国の若年層やエントリー層をターゲットにした、広汽ホンダの自主ブランド。商品のデザインや開発、生産、販売などすべてを自社で手がけている。
同ブランド初の量産モデルとなる「S1」は、中国における「新基準国民車」を目指して開発された小型セダンで、先進的なデザインと効率的なパッケージングを両立したというモデルである。2010年の中国・広州モーターショーですでに実車が展示されていたが、このたび正式に発売にこぎ着けた。

ディメンションは全長×全幅×全高=4420×1690×1495mmで、「トヨタ・カローラアクシオ」ほどの大きさ。ホイールベースは2450mm。エンジンは1.3と1.5リッターをラインナップ。燃費は1.3リッターMTモデルで16.4km/リッター(中国の「総合モード燃費」)を記録する。価格は6万9800元(約88万6000円)からで、すでに3000台を超える予約を受けているという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。