新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】

2011.04.20 自動車ニュース

【上海ショー2011】スバルの新たなクロスオーバー「XVコンセプト」登場

富士重工業は、2011年4月19日に開幕した上海モーターショーで「スバルXVコンセプト」を披露した。

「スバルXVコンセプト」は、5ドアハッチバックにSUVの機能性を与えたクロスオーバーのデザインスタディモデルだ。

「Protren」をキーワードに「プロフェッショナルツールの持つ魅力を都会的でスタイリッシュなデザインで表現した」(プレスリリースによる)というXVコンセプトは、躍動感あふれる雰囲気が特徴。

“エレクトロ・イエローグリーン”のエクステリアは、フロントグリルやリアにヘキサゴン(六角形)をモチーフにしたデザインを採り入れることで、スバルらしさを強調。また、フェンダーやボディサイドをブラックにペイントし、大胆なデザインのアルミホイールを装着することで、力強さをアピールしている。

室内は、シルバーホワイトのレザーとイエローグリーンのパイピングがスポーティなコントラストをつくりあげる。「レガシィ」でおなじみの運転支援システム「アイサイト」も搭載される。

パワートレインは、2リッターの水平対向4気筒エンジンと「リニアトロニック」と呼ばれるCVTの組み合わせ。全長×全幅×全高=4450×1800×1620mmのボディサイズと、2635mmのホイールベースをもつこのクルマは、全高以外は現行型「インプレッサ」をわずかに上回る大きさ。次期型インプレッサとの関連性についても、想像が広がるところである。

(文=生方聡)

「スバルXVコンセプト」
「スバルXVコンセプト」
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • 「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」の会場から 2016.2.15 画像・写真 2016年2月上旬、北海道千歳市にある新千歳モーターランドを拠点に、報道関係者向けの「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」が開催された。会場に並んだ、さまざまなスバル車の走りと技術的ハイライトを、写真とともにリポートする。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る