新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】

2011.04.20 自動車ニュース

【上海ショー2011】スバルの新たなクロスオーバー「XVコンセプト」登場

富士重工業は、2011年4月19日に開幕した上海モーターショーで「スバルXVコンセプト」を披露した。

「スバルXVコンセプト」は、5ドアハッチバックにSUVの機能性を与えたクロスオーバーのデザインスタディモデルだ。

「Protren」をキーワードに「プロフェッショナルツールの持つ魅力を都会的でスタイリッシュなデザインで表現した」(プレスリリースによる)というXVコンセプトは、躍動感あふれる雰囲気が特徴。

“エレクトロ・イエローグリーン”のエクステリアは、フロントグリルやリアにヘキサゴン(六角形)をモチーフにしたデザインを採り入れることで、スバルらしさを強調。また、フェンダーやボディサイドをブラックにペイントし、大胆なデザインのアルミホイールを装着することで、力強さをアピールしている。

室内は、シルバーホワイトのレザーとイエローグリーンのパイピングがスポーティなコントラストをつくりあげる。「レガシィ」でおなじみの運転支援システム「アイサイト」も搭載される。

パワートレインは、2リッターの水平対向4気筒エンジンと「リニアトロニック」と呼ばれるCVTの組み合わせ。全長×全幅×全高=4450×1800×1620mmのボディサイズと、2635mmのホイールベースをもつこのクルマは、全高以外は現行型「インプレッサ」をわずかに上回る大きさ。次期型インプレッサとの関連性についても、想像が広がるところである。

(文=生方聡)

「スバルXVコンセプト」
「スバルXVコンセプト」
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
ホームへ戻る