新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】

2011.04.20 自動車ニュース

【上海ショー2011】スバルの新たなクロスオーバー「XVコンセプト」登場

富士重工業は、2011年4月19日に開幕した上海モーターショーで「スバルXVコンセプト」を披露した。

「スバルXVコンセプト」は、5ドアハッチバックにSUVの機能性を与えたクロスオーバーのデザインスタディモデルだ。

「Protren」をキーワードに「プロフェッショナルツールの持つ魅力を都会的でスタイリッシュなデザインで表現した」(プレスリリースによる)というXVコンセプトは、躍動感あふれる雰囲気が特徴。

“エレクトロ・イエローグリーン”のエクステリアは、フロントグリルやリアにヘキサゴン(六角形)をモチーフにしたデザインを採り入れることで、スバルらしさを強調。また、フェンダーやボディサイドをブラックにペイントし、大胆なデザインのアルミホイールを装着することで、力強さをアピールしている。

室内は、シルバーホワイトのレザーとイエローグリーンのパイピングがスポーティなコントラストをつくりあげる。「レガシィ」でおなじみの運転支援システム「アイサイト」も搭載される。

パワートレインは、2リッターの水平対向4気筒エンジンと「リニアトロニック」と呼ばれるCVTの組み合わせ。全長×全幅×全高=4450×1800×1620mmのボディサイズと、2635mmのホイールベースをもつこのクルマは、全高以外は現行型「インプレッサ」をわずかに上回る大きさ。次期型インプレッサとの関連性についても、想像が広がるところである。

(文=生方聡)

「スバルXVコンセプト」
「スバルXVコンセプト」
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像
 
新クロスオーバー「スバルXVコンセプト」登場【上海ショー2011】の画像

関連キーワード:
XVスバル上海モーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
ホームへ戻る