【スペック】全長×全幅×全高=4885×1985×1690mm/ホイールベース=2935mm/車重=2610kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)+モーターA(91ps、26.5kgm)+モーターB(86ps、28.6kgm)/価格=1490万円(同じ)

BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【試乗記】

キュッと動ける小山 2011.04.20 試乗記 BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)
……1490万円

BMWの巨漢クロスオーバー「X6」がハイブリッドシステムを搭載。407psのエンジンに加わったモーターパワーで、その走りはどう変わった?

ふたつのアクティブハイブリッド

東京から西へ走ること1時間半、箱根の麓(ふもと)に到着した。伴走してきた編集部のスタッフから、「後ろから見ていると、小山のようですね」と言われて、はっと現実に返った。東京で「アクティブハイブリッドX6」のサイドステップに足をかけて、ヨイショと乗り込む時は、筆者も確かに大きいと感じた。しかし、パワフルなパワーユニットとクイックなハンドリングがそう思わせるのか、2610kg(!)にも達するボディを軽いと錯覚してしまったらしい。「3シリーズ」並みとまでは言わないが、もっとずっとコンパクトなクルマに乗っている気になっていた。

「アクティブハイブリッド」の名を持つモデルは「7シリーズ」にも存在する。しかし両者のハイブリッドシステムは違うものである。7シリーズ用のシステムは、エンジンと1基のモーターが直結の関係にあるパラレル式のハイブリッドであり、モーターのみでの走行はできない。構造的には「ホンダ・インサイト」に近く、いわゆるマイルドハイブリッドに分類される。バッテリーはリチウムイオンだ。

これに対してX6に搭載されるシステムは、4.4リッターV8ツインターボエンジン(407ps)に2基のモーター(91psと86ps)と、3個の遊星ギヤ、および4個の多板クラッチを組み合わせたシリーズパラレル式のフルハイブリッドであり、システム出力としては485psと79.6kgmを誇る。

GM、ダイムラー、BMWの3社共同で開発されたこのシステムは、低速モード(モーター単独、エンジン単独、あるいは原理的には両方での走行も可能)と、高速モード(主にエンジンによる走行。高負荷時にはモーターをブースターとして作動させる)を持つことから、以前から「2モードハイブリッドシステム」の名で知られてきた。トランスミッションは4段の固定ギアに“電気的CVT”を組み合わせた無段変速式だが、7段の擬似的なギアを設定することで、AT的な操作感を演出している。バッテリーはニッケル水素。こちらの考え方は、どちらかといえば「トヨタ・プリウス」に近いといえるかもしれない。

 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/7AT)【短評】
 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/7AT)【短評】
 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/7AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【海外試乗記】 2014.11.14 試乗記 「SUV+クーペ」という大胆なコンセプトを持つ「BMW X6」が初のフルモデルチェンジを受けた。従来よりじわりと大胆、かつ躍動的なスタイリングに生まれ変わった新型。その存在感は先代モデルを超えたか? X6の生まれ故郷、アメリカはスパータンバーグからの第一報。
  • 新型「BMW X6」を写真で紹介 2014.6.10 画像・写真 BMWのクロスオーバーモデル「X6」が2代目に。新型の姿を写真で紹介する。
  • BMW X5とBMW X6の安全装備が充実 2016.3.11 自動車ニュース BMWジャパンは2016年3月10日、安全装備を追加した「BMW X5」および「BMW X6」の販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る