【スペック】全長×全幅×全高=4885×1985×1690mm/ホイールベース=2935mm/車重=2610kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)+モーターA(91ps、26.5kgm)+モーターB(86ps、28.6kgm)/価格=1490万円(同じ)

BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【試乗記】

キュッと動ける小山 2011.04.20 試乗記 BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)
……1490万円

BMWの巨漢クロスオーバー「X6」がハイブリッドシステムを搭載。407psのエンジンに加わったモーターパワーで、その走りはどう変わった?

ふたつのアクティブハイブリッド

東京から西へ走ること1時間半、箱根の麓(ふもと)に到着した。伴走してきた編集部のスタッフから、「後ろから見ていると、小山のようですね」と言われて、はっと現実に返った。東京で「アクティブハイブリッドX6」のサイドステップに足をかけて、ヨイショと乗り込む時は、筆者も確かに大きいと感じた。しかし、パワフルなパワーユニットとクイックなハンドリングがそう思わせるのか、2610kg(!)にも達するボディを軽いと錯覚してしまったらしい。「3シリーズ」並みとまでは言わないが、もっとずっとコンパクトなクルマに乗っている気になっていた。

「アクティブハイブリッド」の名を持つモデルは「7シリーズ」にも存在する。しかし両者のハイブリッドシステムは違うものである。7シリーズ用のシステムは、エンジンと1基のモーターが直結の関係にあるパラレル式のハイブリッドであり、モーターのみでの走行はできない。構造的には「ホンダ・インサイト」に近く、いわゆるマイルドハイブリッドに分類される。バッテリーはリチウムイオンだ。

これに対してX6に搭載されるシステムは、4.4リッターV8ツインターボエンジン(407ps)に2基のモーター(91psと86ps)と、3個の遊星ギヤ、および4個の多板クラッチを組み合わせたシリーズパラレル式のフルハイブリッドであり、システム出力としては485psと79.6kgmを誇る。

GM、ダイムラー、BMWの3社共同で開発されたこのシステムは、低速モード(モーター単独、エンジン単独、あるいは原理的には両方での走行も可能)と、高速モード(主にエンジンによる走行。高負荷時にはモーターをブースターとして作動させる)を持つことから、以前から「2モードハイブリッドシステム」の名で知られてきた。トランスミッションは4段の固定ギアに“電気的CVT”を組み合わせた無段変速式だが、7段の擬似的なギアを設定することで、AT的な操作感を演出している。バッテリーはニッケル水素。こちらの考え方は、どちらかといえば「トヨタ・プリウス」に近いといえるかもしれない。

 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【試乗記】の画像
 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【試乗記】の画像
 
BMWアクティブハイブリッドX6(4WD/CVT)【試乗記】の画像
関連記事
  • 新型「BMW X6」を写真で紹介 2014.6.10 画像・写真 BMWのクロスオーバーモデル「X6」が2代目に。新型の姿を写真で紹介する。
  • BMW X6 xDrive50i(4WD/8AT)【試乗記】 2014.12.25 試乗記 BMWがSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と呼ぶ、クーペルックSUVの元祖「X6」。フルモデルチェンジを受け2世代目となった新型の実力をサーキットで確かめた。
  • BMW X6 M (4WD/6AT)【試乗記】 2009.12.2 試乗記 BMW X6 M (4WD/6AT)
    ……1524万1000円

    「BMW X6」に新しく追加された「Mモデル」。555psのド級パワーを誇る、ハイパフォーマンスSUVの走りを試す。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
ホームへ戻る