「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売

2011.04.19 自動車ニュース

「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売

日産自動車は、「GT-R」に2011年バージョンアップキットを設定し、2011年5月1日に発売する。

今回発売される2011年バージョンアップキットは、2010年モデル以前の「GT-R」を対象に設定されたアップデートメニューのひとつ。

ブレーキシステムやサスペンションシステムといった、走りに直結するパーツをセットにした「Aキット」と、4灯同時点灯を可能にしたリヤコンビネーションランプ(テールランプ及びブレーキランプ)や2011年モデルに採用されたカーボン製クラスターフィニッシャー、新デザインのダイヤルスイッチなどドレスアップパーツをセットにした「Bキット」の2種類を用意。

装着車両が車両保証期間内であれば、Aキットは5年間、Bキットは3年間の車両保証が適用される。車両保証期間を過ぎている場合は、いずれも1年間の部品保証が適用となる。

2011年バージョンアップキットは、日産ハイパフォーマンスセンター及び「日産GT−R」特約サービス工場において、2012年3月末までの期間限定で販売される。

価格は、モデル年式によって異なり、Aキットは、25万6200円から102万3750円(取り付け工賃、付帯作業部品代別)。Bキットは、一律13万1250円(取り付け工賃、付帯作業部品代別)。

(webCG ワタナベ)

「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売の画像 拡大
「GT-R」の開発ドライバー鈴木利男がプロデュースする、ノルドリンクブランドのショックアブソーバー(ビルシュタイン製)
「GT-R」の開発ドライバー鈴木利男がプロデュースする、ノルドリンクブランドのショックアブソーバー(ビルシュタイン製) 拡大
ø390のフロントブレーキシステム 。
ø390のフロントブレーキシステム 。 拡大
4灯同時点灯可能となる、リアコンビネーションランプアッセンブリー。
4灯同時点灯可能となる、リアコンビネーションランプアッセンブリー。 拡大
カーボン製クラスターフィニッシャー
カーボン製クラスターフィニッシャー 拡大

関連キーワード:
GT-R日産カーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第496回:いよいよ日本でもお披露目!
    新型「スバル・フォレスター」の詳細に迫る
    2018.4.19 エディターから一言 ニューヨーク国際自動車ショーでの世界初公開から遅れること12日、日本でもいよいよ新型「スバル・フォレスター」(北米仕様)がメディア向けに披露された。そこで発表された新たな情報と、2度の取材を通して記者が感じた、このクルマの印象をリポートする。
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る