「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売

2011.04.19 自動車ニュース

「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売

日産自動車は、「GT-R」に2011年バージョンアップキットを設定し、2011年5月1日に発売する。

今回発売される2011年バージョンアップキットは、2010年モデル以前の「GT-R」を対象に設定されたアップデートメニューのひとつ。

ブレーキシステムやサスペンションシステムといった、走りに直結するパーツをセットにした「Aキット」と、4灯同時点灯を可能にしたリヤコンビネーションランプ(テールランプ及びブレーキランプ)や2011年モデルに採用されたカーボン製クラスターフィニッシャー、新デザインのダイヤルスイッチなどドレスアップパーツをセットにした「Bキット」の2種類を用意。

装着車両が車両保証期間内であれば、Aキットは5年間、Bキットは3年間の車両保証が適用される。車両保証期間を過ぎている場合は、いずれも1年間の部品保証が適用となる。

2011年バージョンアップキットは、日産ハイパフォーマンスセンター及び「日産GT−R」特約サービス工場において、2012年3月末までの期間限定で販売される。

価格は、モデル年式によって異なり、Aキットは、25万6200円から102万3750円(取り付け工賃、付帯作業部品代別)。Bキットは、一律13万1250円(取り付け工賃、付帯作業部品代別)。

(webCG ワタナベ)

「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売の画像
「GT-R」の開発ドライバー鈴木利男がプロデュースする、ノルドリンクブランドのショックアブソーバー(ビルシュタイン製)
「GT-R」の開発ドライバー鈴木利男がプロデュースする、ノルドリンクブランドのショックアブソーバー(ビルシュタイン製)
ø390のフロントブレーキシステム 。
ø390のフロントブレーキシステム 。
4灯同時点灯可能となる、リアコンビネーションランプアッセンブリー。
4灯同時点灯可能となる、リアコンビネーションランプアッセンブリー。
カーボン製クラスターフィニッシャー
カーボン製クラスターフィニッシャー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る