シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】

2011.04.19 自動車ニュース

【上海ショー2011】シトロエン、新型「DS5」を発表

仏シトロエンは2011年4月18日、DSラインの新型車「DS5」を発表した。

■中国市場を重視

シトロエンのプレミアムシリーズ、DSライン第3弾のデビューの場に上海が選ばれたのは、発表時期にモーターショーが開催されるというタイミング的な理由もあるが、現在フランスに次ぐ2番目のマーケットとなり、今後も成長が期待される中国市場を重視している表れともいえる。

上海ショー開幕の前日に開催されたプレビューイベントの会場となったのは、世界一高い展望台を持つ地上100階建て(!)の超高層ビル、ワールドファイナンシャルセンター(上海環球金融中心)に隣接した特設テントで、約600人の報道陣を集めて行われた。

シトロエンがショーの前日にこのようなイベントを開くのは、僕が記憶する限り初めてである。作り手がこの「DS5」に並々ならぬ期待を寄せていることが分かる。
プレゼンテーションでは、「DSライン」の概要説明と、すでに発表済みの「DS3」「DS4」の紹介が行われた後、ビートの効いたBGMに合わせて、有機的な曲線を描くステージ上にDS5が姿を現した。
そのフォルムは、2005年のフランクフルトショーでお披露目されたコンセプトカー「C-スポーツラウンジ」を具現したものといえる。ミニバンをベースにグラントゥーリズモを作ったらどうなるか? という問いに対する解答のようなフォルムは、他のどのクルマにも似ていない。

■サイズは「C4」と「C5」の中間

ダブルシェブロンのエンブレムから横に伸びたバーをグリルとしたフロントまわりは他のDSラインと共通だが、ヘッドランプの上からウインドスクリーン脇へと伸びるクロームメッキのモール、Aピラーからルーフ後端まで伸びるサイドアーチ、垂直面とスロープ面の2分割としたリアウィンドウなどは「C-スポーツラウンジ」に似ている。
「DS5」を名乗るから、ボディサイズは「C5」と同等かと思ったら、そんなに大きくはなかった。全長4530mm×全幅1850mm×全高1508mmと、高さは40mm近く上回るのに対し、幅は10mm、長さは実に265mmも下回る。2727mmのホイールベースも、C5より88mm短い。「C4」と「C5」の中間のサイズといったほうが分かりやすいかもしれない。

インテリアはレザーとメタルをふんだんに用いたモダンでエレガントな仕立て。時計のベルトをモチーフにしたシートの表面処理など、ひと足先に登場した「DS4」との共通性がうかがえる。シトロエンの伝統にのっとってリアオーバーハングは短めであるが、荷室容量は465リッターをマークしているという。

パワートレインは、2リッターディーゼルターボエンジンで前輪、モーターで後輪を駆動して200psのハイパワーと1km走行あたりCO2排出量99gを両立したハイブリッド4を筆頭に、ガソリン1.6リッターターボの156psと200ps、ディーゼルターボ1.6リッターe-HDi(アイドリンストップつき)112ps、2リッター163psが用意される。
トランスミッションはガソリン200psが6段MT、ガソリン156psが6段AT、ハイブリッド4とディーゼル1.6リッターがEGS6と呼ばれる2ペダル6段MTで、ディーゼル2リッターは6段ATとEGS6が選択できる予定だ。

サスペンションは、ドライビングプレジャーを重視するというコンセプトゆえ、ハイドラクティブではなく、コンベンショナルな金属スプリングを用いる。プラットフォームはC5が使うプラットフォーム3ではなく、DS4と同じプラットフォーム2を使用。サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームが基本となるが、ハイブリッド4だけはリアがマルチリンクになる。

発売は今年末の予定で、中国ではDSラインだけを扱う専門ディーラーを、「DS4」「DS5」の導入に合わせて開設するという。このDS専売店は、いまのところ他国への展開は考えていないとのこと。こんな部分からも、中国の驚異的な成長ぶりがうかがえる。

(文=森口将之/写真=森口将之、シトロエン)

「シトロエンDS5」
「シトロエンDS5」 拡大

シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】の画像 拡大
シトロエン社長フレデリック・バンゼ氏
シトロエン社長フレデリック・バンゼ氏 拡大
「DS5」登場。
「DS5」登場。 拡大

シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】の画像 拡大

シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】の画像 拡大

シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】の画像 拡大

シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】の画像 拡大

シトロエン、新型「DS5」を発表【上海ショー2011】の画像 拡大
イベント会場には、ラリードライバーのセバスチャン・ローブの姿も。(右から2人目)
イベント会場には、ラリードライバーのセバスチャン・ローブの姿も。(右から2人目) 拡大

関連キーワード:
DS5シトロエン上海モーターショー2011自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る