第427回:日本の危機感さらにアップ!? 衝撃のソウル・モーターショー2011

2011.04.18 エッセイ

第427回:日本の危機感さらにアップ!?衝撃のソウル・モーターショー2011

一体なにが凄いのか? 韓国!

いやはや自分の勉強不足を痛感しましたわ。そ、先日4月頭に初めて行った我が隣国、韓国のソウル・モーターショー!

他にもアジア取材の予定は目白押しで……なぜって、震災の余波で、いまだにヒマなんですね。試乗会は打診はあるけど、まだ行われてないし、精神的にもこの騒ぎの影響は大きい。前回も書いたが日本の自動車産業がしばらくスロー化するのは必至で、トヨタもホンダも日産も工場が再開したとはいえ、稼働はピークの約5割だというし、パーツメーカーの完全復旧にはもうちょい時間がかかる。そんな中、いま急速に伸びてる韓国のチェックは急務なわけです。

実際、現地では予想外に日本語が飛び交ってて、聞けば「今回の訪問が初めて」という人がほとんど。ある意味、韓国をナメてたんですわ。まだまだ日本の自動車には追いつけないと。ところが今回の地震の影響もあり、結構ヤバイのでは? と。やはり人を動かすのはプレッシャーであり、恐怖なんですな。それと、メーカー関係者は前々からソウルに行ってて、エンジニアレベルでは既に日本から韓国に人や技術が流出してます。

しかし、韓国は勢いありますよ。今回行ったのはソウルから電鉄3号線で1時間ぐらいのところにあるコンベンションセンター「KINTEX」。総面積は6万平方メートル弱で幕張メッセのメイン会場とほぼ同じかデカいくらいだけど、今年9月に完成予定の「第2KINTEX」が誕生すると総面積10万平方メートル以上。広州、バンコク、再び中国の青島に続き、世界4番目の大きさとなる。これだけでも韓国の驚異が感じられてくるでしょ?


第427回:日本の危機感さらにアップ!? 衝撃のソウル・モーターショー2011の画像
こちらがソウル・モーターショーの会場となる施設、コンベンションセンター「KINTEX」。
こちらがソウル・モーターショーの会場となる施設、コンベンションセンター「KINTEX」。

第427回:日本の危機感さらにアップ!? 衝撃のソウル・モーターショー2011の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』