【スペック】全長×全幅×全高=4806×1944×1404mm/ホイールベース=2746mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/6リッター W12DOHC48バルブターボ(575ps/6000rpm、71.4kgm/1700rpm)/価格=2415万円(テスト車=2745万4600円)

ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【試乗記】

こんな時代だからこそ 2011.04.18 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)
……2745万4600円

ベントレーの基幹モデル「コンチネンタルGT」の新型が日本上陸。2代目に進化した、ラグジュアリークーペの実力を確かめた。

その姿は成功の証し

新型「コンチネンタルGT」がやってきた。本当は1カ月前に箱根で乗れるはずだったのだが、東日本大地震で試乗会がキャンセルになった。しかしそのおかげで、1日とはいえ、個別に借りられることになった。つかの間の豪邸訪問、という感じだ。

今やベントレーの看板になったコンチネンタルGTは、2003年の登場以来、これが初めてのモデルチェンジである。一見、変わっていないように見えるが、ボディパネルは一新された。
ウエストラインが上がって、上屋はさらに引き締まった。アルミパネルを500度Cに熱して、空気圧でプレスする“スーパーフォーミング”により、フロントフェンダーやボンネットのプレスラインはダイヤモンドカットのようにシャープになった。ぶつけたらオオゴトだろうが。フロントエンドの傾斜はきつくなり、リアのデザインも大きく変わっている。
しかし、もしあなたが旧型のオーナーでないなら、手っ取り早く新型を見分けるポイントはヘッドランプである。丸目4灯のプロジェクターライトのまわりにLEDが埋め込まれたのが見た目に大きな特徴といえる。

それにしても、これだけいろいろイジったのに、フルチェンジでも外観の“印象”を変えていないのは、コンチネンタルGTが成功作だからだろう。1919年の会社創設から1999年まで、80年間にわたるベントレーの生産台数は1万6000台だったが、フォルクスワーゲン傘下で歴史をスタートさせたコンチネンタルGTは2003年からわずか7年間で2万3000台を販売した。日本にも858台が生息している。
ロールス・ロイスと別れた新生ベントレーの象徴がコンチネンタルGTである。

インテリアの様子。左右対称のインストゥルメントパネルのデザインは、「ベントレーウイング」と呼ばれるエンブレムをモチーフとしたもの。
インテリアの様子。左右対称のインストゥルメントパネルのデザインは、「ベントレーウイング」と呼ばれるエンブレムをモチーフとしたもの。
LEDとキセノンライトで構成される、新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のヘッドランプ。先に発売された同社のサルーン「ミュルザンヌ」にも見られるディテールだ。
LEDとキセノンライトで構成される、新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のヘッドランプ。先に発売された同社のサルーン「ミュルザンヌ」にも見られるディテールだ。
ボディサイドのデザイン処理は、1950年代に生まれた「R-Type」にヒントを得たとされる。楕円(だえん)のリアコンビランプやマフラーエンドは、先代モデルから継承されている。
ボディサイドのデザイン処理は、1950年代に生まれた「R-Type」にヒントを得たとされる。楕円(だえん)のリアコンビランプやマフラーエンドは、先代モデルから継承されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る