クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4806×1944×1404mm/ホイールベース=2746mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/6リッター W12DOHC48バルブターボ(575ps/6000rpm、71.4kgm/1700rpm)/価格=2415万円(テスト車=2745万4600円)

ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【試乗記】

こんな時代だからこそ 2011.04.18 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)
……2745万4600円

ベントレーの基幹モデル「コンチネンタルGT」の新型が日本上陸。2代目に進化した、ラグジュアリークーペの実力を確かめた。

その姿は成功の証し

新型「コンチネンタルGT」がやってきた。本当は1カ月前に箱根で乗れるはずだったのだが、東日本大地震で試乗会がキャンセルになった。しかしそのおかげで、1日とはいえ、個別に借りられることになった。つかの間の豪邸訪問、という感じだ。

今やベントレーの看板になったコンチネンタルGTは、2003年の登場以来、これが初めてのモデルチェンジである。一見、変わっていないように見えるが、ボディパネルは一新された。
ウエストラインが上がって、上屋はさらに引き締まった。アルミパネルを500度Cに熱して、空気圧でプレスする“スーパーフォーミング”により、フロントフェンダーやボンネットのプレスラインはダイヤモンドカットのようにシャープになった。ぶつけたらオオゴトだろうが。フロントエンドの傾斜はきつくなり、リアのデザインも大きく変わっている。
しかし、もしあなたが旧型のオーナーでないなら、手っ取り早く新型を見分けるポイントはヘッドランプである。丸目4灯のプロジェクターライトのまわりにLEDが埋め込まれたのが見た目に大きな特徴といえる。

それにしても、これだけいろいろイジったのに、フルチェンジでも外観の“印象”を変えていないのは、コンチネンタルGTが成功作だからだろう。1919年の会社創設から1999年まで、80年間にわたるベントレーの生産台数は1万6000台だったが、フォルクスワーゲン傘下で歴史をスタートさせたコンチネンタルGTは2003年からわずか7年間で2万3000台を販売した。日本にも858台が生息している。
ロールス・ロイスと別れた新生ベントレーの象徴がコンチネンタルGTである。

インテリアの様子。左右対称のインストゥルメントパネルのデザインは、「ベントレーウイング」と呼ばれるエンブレムをモチーフとしたもの。
インテリアの様子。左右対称のインストゥルメントパネルのデザインは、「ベントレーウイング」と呼ばれるエンブレムをモチーフとしたもの。 拡大
LEDとキセノンライトで構成される、新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のヘッドランプ。先に発売された同社のサルーン「ミュルザンヌ」にも見られるディテールだ。
LEDとキセノンライトで構成される、新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のヘッドランプ。先に発売された同社のサルーン「ミュルザンヌ」にも見られるディテールだ。 拡大
ボディサイドのデザイン処理は、1950年代に生まれた「R-Type」にヒントを得たとされる。楕円(だえん)のリアコンビランプやマフラーエンドは、先代モデルから継承されている。
ボディサイドのデザイン処理は、1950年代に生まれた「R-Type」にヒントを得たとされる。楕円(だえん)のリアコンビランプやマフラーエンドは、先代モデルから継承されている。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

シルクで包んだ高性能

試乗車のボディカラーは“グレイシア・ホワイト”。このご時世に自らをライトアップしているような明るい「氷河の白」だ。渡辺篤史みたいにいちいち感心しているときりがないので、走り出そう。

エンジンは旧型と同じ6リッターW型12気筒ツインターボだが、新たにチップ・チューンが施されて、パワーはプラス15psの575psに、トルクはプラス50Nm(5.1kgm)の700Nm(71.4kgm)に向上している。加えてシートの軽量化などで65kgのダイエットにも成功したため、0-100km/hは4.8秒から4.6秒と、また少し速くなった。

だが、ふだんの新型コンチネンタルGTは、そんな超高性能をひけらかすそぶりさえみせない。たとえフルスロットルを試みても、“ガツン”とガ行で加速Gが立ち上がるようなこともない。加速感にも減速感にも、そして操舵(そうだ)感にも、いちいちシルクで包んだような“まるさ”が介在する。ライバルのひとつは「マセラティ・グラントゥーリズモ」だろうが、メイド・イン・サーキット的なダイレクト感とアツさをもつラテン・クーペと比べると、コンチネンタルGTははるかに静穏でやさしい。「文学的」と言ってもいいかもしれない。このクルマが、アクセルを踏み続けると318km/hのトップスピードに達するなんて、にわかには信じがたい。

ダンピングはモニターのタッチスイッチでコンフォートからスポーツまで4段階に切り替えられる。最軟と最硬ではかなり違うが、最も硬くしたところで、乗り心地が悪くなるほど硬くはならない。


ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
W型にシリンダーを配置する6リッター12気筒。日本では流通していないものの、環境に配慮したバイオエタノール混合燃料も使用できる。
W型にシリンダーを配置する6リッター12気筒。日本では流通していないものの、環境に配慮したバイオエタノール混合燃料も使用できる。 拡大
コブラデザインのフロントシート。ヒーター&クーラーはもちろん、マッサージ機能も備える。なお、後席には大人ふたりが座れ、乗車定員は4名。
コブラデザインのフロントシート。ヒーター&クーラーはもちろん、マッサージ機能も備える。なお、後席には大人ふたりが座れ、乗車定員は4名。 拡大
間口に比べて、奥への広がりが大きな荷室。開口部の上端に見えるのは、96万6500円のオプション「Naim fot Bentleyプレミアムオーディオシステム」だ。
間口に比べて、奥への広がりが大きな荷室。開口部の上端に見えるのは、96万6500円のオプション「Naim fot Bentleyプレミアムオーディオシステム」だ。 拡大

心に沁みるインテリア

50:50のイーブンだった4WDの前後駆動配分は、新型から40:60の後ろ寄りにあらためられた。6段ATは、変速スピードを従来の半分に短縮した“クイックシフト・トランスミッション”に換わった。いずれも、旧型の終盤に限定生産された“スーパースポーツ”にならった改良である。

今回は市街地と高速道路のみの試乗だったので、より後輪駆動に近づいたスポーティなハンドリングを堪能することはできなかった。シフトのスピードアップは、旧型でも遅いとは思わなかったので、「そうかな」という感じ。それよりも、相変わらずパドルシフトのレバーがぼくには遠すぎて、トホホな思いをする。「ここ400年、我が一族は働いたことがない」なんていうイギリスの貴族は、みな指が長いのだろう。

東京でもまだ余震がやまず、原発は予断を許さない。不安感がデフォルトみたいになった心に今回とくに“沁みた”のは、クルーの職人が丹精込めた内装だった。運転席サイドシルに“Handcrafted”(手づくり)と刻んだ銘板が貼られる室内に、まがいものやフェイクは存在しない。「ホンモノかな?」なんて下衆のカングリは不要だ。

取り外し可能のサングラスケースは磨きこまれたウッドとアルミで出来ている。見ても触ってもほれぼれする。エッ、でも7万5000円するの!? メガネ入れが! ダッシュボード壁面を飾る魚のウロコのようなプレートは、戦前からの伝統的な装飾だが、17万8200円する。革の縫い目は“コントラストステッチ”といって、25万1700円。ウーム……。
でも、こんな時代だからこそ、お金のある方々はぜひ買っていただきたい。グラマラスな美人女優のごときクルマは、そのオーラでもって人々に勇気と元気を与えると思う。

(文=下野康史/写真=郡大二郎)

ホイールサイズは20インチが標準。テスト車は、セットオプションに含まれる21インチを装着する。
ホイールサイズは20インチが標準。テスト車は、セットオプションに含まれる21インチを装着する。 拡大

ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
写真のメガネケースは7万5300円のオプション。その質感はもちろん、センターコンソールから取り外して、そのまま持ち歩けるのもウリである。
写真のメガネケースは7万5300円のオプション。その質感はもちろん、センターコンソールから取り外して、そのまま持ち歩けるのもウリである。 拡大
【テスト車のオプション装備】
フェイシア(Bright Tint Aluminium Fascia)=17万8200円/Burnt Oakのコントラストステッチ=25万1700円/ブライトクロムのロワーバンパーマトリックスグリル=13万8700円/前後席のディープパイルオーバーマット=5万2400円/デュオトーンハイドのステアリングホイール=5万7900円/前席マッサージ機能付きベンチレーションシート=11万3000円/シフトレバーの前に装着したウッドの収納ケース=7万5300円/Naim fot Bentleyプレミアムオーディオシステム=96万6500円/リアビューカメラ=15万6200円/Mulliner Driving Specification(21インチ2ピーススポーツアロイホイール+Bentleyエンブレムのシート刺しゅう+ダイヤモンドキルト+キャビンヘッドライニングの多孔レザーハイド+ローレット仕上げのスポーツギアレバー+ジュエル・フューエル・フィラーキャップ+ドリルド・アロイ・スポーツ・フットペダル)=131万4700円)
【テスト車のオプション装備】
フェイシア(Bright Tint Aluminium Fascia)=17万8200円/Burnt Oakのコントラストステッチ=25万1700円/ブライトクロムのロワーバンパーマトリックスグリル=13万8700円/前後席のディープパイルオーバーマット=5万2400円/デュオトーンハイドのステアリングホイール=5万7900円/前席マッサージ機能付きベンチレーションシート=11万3000円/シフトレバーの前に装着したウッドの収納ケース=7万5300円/Naim fot Bentleyプレミアムオーディオシステム=96万6500円/リアビューカメラ=15万6200円/Mulliner Driving Specification(21インチ2ピーススポーツアロイホイール+Bentleyエンブレムのシート刺しゅう+ダイヤモンドキルト+キャビンヘッドライニングの多孔レザーハイド+ローレット仕上げのスポーツギアレバー+ジュエル・フューエル・フィラーキャップ+ドリルド・アロイ・スポーツ・フットペダル)=131万4700円) 拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー試乗記

あなたにおすすめの記事