第189回:【Movie】祭りだ! ルノーだ! 「4L」だ!

2011.04.16 エッセイ

第189回:【Movie】祭りだ! ルノーだ! 「4L」だ!

サイケデリック模様がこんなに似合うクルマはない。
サイケデリック模様がこんなに似合うクルマはない。
デジュネー(昼食)も「ルノー4(キャトル)」に囲まれて。車中泊も多数。
デジュネー(昼食)も「ルノー4(キャトル)」に囲まれて。車中泊も多数。
泥もアクセサリーのうち。
泥もアクセサリーのうち。

「ルノー4」を愛する人たち

2011年は、戦後ルノーを代表する小型車「4(キャトル)」の誕生50周年である。ルノーは3月に開催されたジュネーブショーで、壁面に「4」の実物ボディを埋め込むという大胆なディスプレイを用いて記念年であることを告知した。それに先立ち2月にパリで行われた「レトロモビル」にも2007年以来の欠席から復帰し、700平方メートルのスタンドを歴代「4」で埋めた。

徹底した利益向上戦略を貫き、いっときは古いクルマに見向きもしなくなるのではとさえ思われたゴーン体制のルノーも、約31年間に800万台が生産された、この偉大な大衆車を無視できなかったのだろう。

今回動画で紹介するのは、去る2010年7月15日から17日にフランスで開催された第2回目となる「ルノー4」の国際イベント「4L アンテルナシォナル」の模様である。場所は、中部ブロワ郊外トゥネーというところにあるサーキットだ。
ちなみに「4L(キャトレール)」とはフランスにおける「ルノー4」の通称で、往年の上級グレード名にちなんだものである。初日から会場には、第1回目の300台を100台も超える約400台が欧州各地から参集した。

ファンのひとりには、ルノー4の操作法も教えてもらった。メカニカルのウォッシャーポンプもいい味をだしているが、ドアの開けかたも、これまた独特だ。鉄板にぽっかりと開いた口に手を突っ込む。その姿は、ローマにある「真実の口」を思わせる。
いずれも究極のシンプルを求めたルノー4設計チームの心意気が伝わってくる。同時に、今日のゴーン体制下のコストコンシャスが、未来のモータリストに同様に賞賛されるか、興味深くなるのも事実だ。

……とまじめにつづっているものの、
「このドア、どうやって開けるんですか? そろそろ帰りたいんですけど」と聞く助手席女子に、「へへへ、教えないヨ」と答えることを想像し、ニヤついていた筆者であった。

ちなみに動画中にたびたび出てくるおじさんは、この「懐かしガソリンスタンド」の店主だった!
ちなみに動画中にたびたび出てくるおじさんは、この「懐かしガソリンスタンド」の店主だった!
ファンの求めに応じ、フロントフード裏にイラストを描く筆者。
ファンの求めに応じ、フロントフード裏にイラストを描く筆者。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)


【Movie】イベントにはさまざまなモデルが集まる

【Movie】「ルノー4」の操作方法教えて!

【Movie】フィナーレのパレードはギネスブックに挑戦!? 

(撮影と編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。