プジョー、コンセプトカー「SXC」を世界初公開【上海ショー2011】

2011.04.15 自動車ニュース

【上海ショー2011】プジョー、クロスオーバーコンセプトカー「SXC」を世界初公開

仏プジョーは、2011年4月19日に開幕するオート上海(上海モーターショー)に、コンセプトカー「SXC」を出展すると発表した。

プジョーが上海モーターショーで世界初公開する「SXC」は、上海のチャイナ・テック・センターでつくられた、HVのクロスオーバーコンセプトだ。同モデルは中国市場におけるクロスオーバー人気の高まりに応えたもので、高級サルーンのようなエレガントで洗練されたスタイリングを意識しつつ、SUVならではのタフさ、アップライトな乗車姿勢、優れた乗員保護性能といった要素も追求されている。

スタイリングは、ボディから独立して見える「フローティンググリル」や、ネコ科の動物をイメージした彫りの深いヘッドライト、フロント中央にそびえるライオンエンブレムなどにより、プジョーらしさが表現されている。リアは、ブーメラン型のリアコンビネーションランプが大きな特徴。またサイドミラーの代わりにリアビューカメラを採用したのは、ハイテク感を演出するため、としている。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4870×2035×1610mm。ホイールベースは3000mm。車内は、後席の左右が独立した4シーターレイアウトとなっている。ルーフには2分割式のパノラミックルーフが採用され、明るく開放感の高い空間が追求されている。

搭載するパワートレインは、「3008ハイブリッド」などにも採用されている、プジョー自慢の「HYbrid4」システムの発展版だ。ダウンサイズ化が図られた1.6リッターTHPエンジン(218hp)で前輪を駆動し、後輪を出力95hpのモーターで動かすこの4WDハイブリッドシステムは、システム最高出力313hpを発生。最大で12.5kmまでを、モーターだけで走ることも可能という。

欧州複合モードによる燃費値は、5.8リッター/100km(約17.2km/リッター)。CO2排出量は143g/kmと公表されている。

(webCG 曽宮)

「プジョーSXC」コンセプトカー
「プジョーSXC」コンセプトカー

プジョー、コンセプトカー「SXC」を世界初公開【上海ショー2011】の画像

プジョー、コンセプトカー「SXC」を世界初公開【上海ショー2011】の画像

プジョー、コンセプトカー「SXC」を世界初公開【上海ショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。