アウディ、コンパクトSUV「Q3」を出展【上海ショー2011】

2011.04.14 自動車ニュース

【上海ショー2011】アウディ、コンパクトSUV「Q3」を出展

独アウディは、2011年4月19日に開幕するオート上海(上海モーターショー)で、新型のコンパクトSUV「Q3」を世界初公開する。

2005年9月に「Q7」が発表され、2008年4月には「Q5」が加わったアウディSUVモデルの「Q」ファミリーに、このたび末弟の「Q3」が仲間入りする。

コンパクトSUVセグメントにおいて、最もスポーティで最も先進的なデザインを特徴とするとうたわれる「Q3」。ルーフ後端がなだらかに傾斜し、天地の薄いサイドウィンドウとともに、クーペのようなスタイリングとされた。サイドウィンドウ下のキャラクターラインは「トルネードライン」と呼ばれ、ホイールアーチの張り出しとともに、力強さを強調。シングルフレームグリルやヘッドランプハウジング内のLEDなど、アウディのトレンドとなるディテールも盛り込まれている。インテリアは人間工学に基づいた「roomy」(プレスリリース)な空間を持ち、アウディの他モデル同様上質にしつらえられたという。
多くのオーナーの好みに応えるべく、ボディカラーは12色をラインナップ。インテリアはテーマカラーを5色、3種のファブリックと3種のレザー素材も用意され、インレイもオプションで変更することができる。

「Q3」のディメンションは全長×全幅×全高=4385mm×1831mm×1608mm。同セグメントの「フォルクスワーゲン・ティグアン」(4460×1810×1690mm)に比べると、短く、幅広く、低い。ホイールベースは2603mm。
Cd値は0.32とSUVとしては良好な数値を達成し、ベーシックモデルの重量は1500kgを切るという。

エンジンは、ガソリンが2リッター直4直噴ターボのTFSIエンジン2種(170hpと211hp)、ディーゼルが2リッター直4のTDI(177hp)の3種となり、後にTDIの140hpも加わる予定。駆動方式はフルタイム4WDのクワトロシステムを基本とし、140hpのディーゼルモデルのみ前輪駆動となる。
トランスミッションは170hpのガソリンと140hpのディーゼルには6段のマニュアルが、それ以外には7段の2ペダルMT「Sトロニック」が組み合わされる。

アクセルレスポンスやステアリング特性などを変化させる「アウディドライブセレクト」はオプションで用意。「comfort」「auto」「dynamic」「efficiency」の4つのモードに任意に変更できる。「efficiency」モード選択時には、エンジン負荷がかからない場合にクラッチを切り離し惰性走行する「コースティング」を行い、燃費向上に貢献するという(Sトロニックのみ)。

車両安定性を高めるESPは標準装備。ESPに付属する電子制御デフロックは、コーナリング限界時などに左右輪のトルク配分を適正化する。また、ダウンヒルなどを一定のスピードで走行できるホールドアシスト機能も用意される。

マルチメディアインターフェース(MMI)をはじめ、14スピーカーを備えたボーズサラウンドサウンドシステムや3D表示が可能な7インチディスプレイなど、快適な装備も充実している。

生産はスペインのマートレル工場で行われ、2011年6月からドイツで販売が開始される予定。価格はベーシックモデルで2万9900ユーロ(約365万円)からになるという。

(webCG 本諏訪)


アウディ、コンパクトSUV「Q3」を出展【上海ショー2011】の画像

アウディ、コンパクトSUV「Q3」を出展【上海ショー2011】の画像

アウディ、コンパクトSUV「Q3」を出展【上海ショー2011】の画像
アウディ、コンパクトSUV「Q3」を出展【上海ショー2011】の画像
荷室は通常時の460リッターから、シートアレンジで1365リッターまで拡大できる。
荷室は通常時の460リッターから、シートアレンジで1365リッターまで拡大できる。
関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
ホームへ戻る