【スペック】全長×全幅×全高=3930×1695×1500mm/ホイールベース=2510mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)/価格=179万円(テスト車=210万905円/VSC&TRC=3万1500円/Naviセット=22万500円/SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ=4万2000円/ETCユニット=1万6905円)

トヨタ・ヴィッツRS(FF/CVT)【試乗記】

「味わい」のあるコンパクト 2011.04.14 試乗記 トヨタ・ヴィッツRS(FF/CVT)
……210万905円

コンパクトカー「トヨタ・ヴィッツ」のスポーティグレード「RS」に試乗。CVTモデルを駆って、その実力を確かめた。

走り出しから軽快感

先代型と比べると、目元がキリッと劇画調(?)に生まれ変わった「ヴィッツ」。その中でも「RS」グレードは、いかついバンパーを付けていちだんと二枚目な顔つきをしたスポーティなグレードである。ラインナップで一番力強い109psの1.5リッターエンジンを搭載し、引き締まった「RS」専用の足まわりを持つだけでなく、ステアリングにテレスコピック調整が付いていたり、後輪のブレーキもディスクになっていたりと、結構いろいろなところが“特別扱い”になっている。

サイドサポートが適度に効いた運転席に着き、シートのスライド機構とステアリングのチルトとテレスコを使って調整すると、好みのドライビングポジションがぴたりと決まった。スポーティモデルというのは、まずはこのクルマとドライバーのフィット感が大切だ。そしてCVTのセレクターをDに入れて動き出すと、次なる感動に出くわした。ノーマル「ヴィッツ」と比べて、いちだんと軽快に感じられたのである。

最近、このクラスの車重は1トンを切るようになってきていて、「ヴィッツ」も1リッターモデルは970kgである。それに対して「RS」は1030kg(オプション含まず)と、実は乗員1人分ぐらい重い。それにもかかわらず軽いのである。その“錯覚”のひとつに、ボディ全体にただよう剛体感の高さがあるように思える。「RS」のボディ剛性はノーマルモデルと比べて向上しているように感じられ、ステアリングの支持剛性も高かった。締め上げられたサスペンションがもたらす足どりはとても正確で、クルマ全体にぴしっと統一感が貫かれている。いかにも走りそうな気配に満ちている。

「RS」には、他グレードと異なるスポーツ仕様のフロントシートが与えられる。
「RS」には、他グレードと異なるスポーツ仕様のフロントシートが与えられる。
丸を基調とするリアコンビランプは、先代モデルの「RS」から受け継がれたディテールだ。
丸を基調とするリアコンビランプは、先代モデルの「RS」から受け継がれたディテールだ。
リアビュー。専用のエアロバンパーやルーフスポイラーなどが、特別なグレードであることを主張する。
リアビュー。専用のエアロバンパーやルーフスポイラーなどが、特別なグレードであることを主張する。
関連記事 ホームへ戻る